無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

こんにちは。片桐です。

僕はスカイプや対面で相談にのることが多いんですが、
最近強く感じるのが、お金について2極化が進んでいる事実です。

以前に比べてお金のない人の割合が明らかに増えています。

お金がないのは本人の責任といえば、そうなのですが、
「実は今の日本は不景気だから」というのも、大きな理由だと思います。

〇実体経済と金融経済

株価はかなり上がっていて、
企業業績も非常にいいとされてるんですが、
実感としての景気は悪いです。

経済には実体経済と金融経済がありますが、
金融経済は調子がいいけど、実体経済は調子が悪いというのが
実際のところだと感じています。

金融経済と実体経済の比率は、
金融経済が9割近くて、実体経済は1割程度しかないといわれています。

世の中のお金のほとんどは株とか為替とか、
そういった部分に回っていて、生活のために使うお金は比率でいうと、
毎年どんどん少なくなっていて、影響力も小さくなっています。

なので、株価は高いけど、不景気で生活が全く良くならない、
と感じるわけです。

ピケティという人が21世紀の資本論という本を書いていて、
そこで金融経済のほうが影響が強くて、金融資産を持っている方が、
実体経済で頑張って働くよりお金持ちになれる的なことを言ってるんですが、
その通りだと思います。

こういう世の中では、
金融資産をたくさん持っている人は益々豊かになっていき、
持たざる者は、貧困からの脱出が難しくなるので、どんどん2極化が進んでいきます。

〇物販ビジネスでも2極化が進んでいる。

ビジネスで見ても、稼げる人と稼げない人がはっきり分かれてきています。

稼げない人の特徴は、
短期的な利益を追いかけて、浅く広く色々手を出してしまっていることです。

典型的なノウハウコレクターで、
いいノウハウがあれば稼げる!と勘違いしている人が多いです。

ノウハウというのは、
簡単で誰でもできるものであるほど、短期的にしか稼げません。
(稼ぐのに労力が必要だったり、稼ぎの上限値が少ないものなど例外はあります)

誰でもできることは、
すぐに稼げなくなったり、アカウント停止やクレームなどお金以外のリスクが多いことがほとんどで、
長期的な手取りで見ると、全然大したことがなく結局手元にお金が残らないことが普通です。

ちなみにですが、ノウハウはそれぞれ特徴はありますがどれを選んでも大丈夫です。
それよりも大事なことは、そのノウハウを提供している人の信頼性です。

ノウハウ自体の精度よりも、
提供者の信頼性のほうが、成功できるできないに大きく影響します。

ビジネスは、10年20年のスパンで見て、
手元のお金が増えているかどうかが大事です。

そのために絶対的に必要なものは、
ノウハウではなくて、原理原則や本質に基づいた稼ぐ力です。

要するに実力をつけよう、という話になりますが、
これは時間がかかります。

即効性も即金性もないです。

しかし、長期的にみると、
最も手残りが多くなるし、総労働時間で見ても短くて済むようになります。

物販で飯を食っていくなら、
いつかは絶対に向き合う必要がありますが、

稼げていない人ほど、
ノウハウに頼る傾向があり、結果として実力が身につかないのでどんどん貧しくなっていきます。

〇成功者の数は確実に増えている。

一方で稼げる人も確実に増えていて、
彼らはしっかりビジネスしています。

稼げる人の特徴は、稼げていない人の真逆で、
狭く深く、1つのことを追求しています。

例えば商品ページの作成でいうと、
稼げない人は、コピペ中心で1ページ数分、数時間で作ったページを量産していることがほとんどですが、
稼げている人は1ページ作るのに30時間とか100時間をかけます。

1ページで月収100万とかが出せるので、
長期で見たら、よっぽど効率がいいんですが、経験したことがない人はここが分かりません。

〇覚悟を決めて、現在地と目的地を把握する。

2極化は今後もどんどん広がっていきます。

その中で上手くいっていない人が成功するには、
覚悟を決めることです。

覚悟を決めるというのは、
「もう〇〇で苦しむのは絶対に嫌だ!どんなことをしてでも変わる!」
と決めることです。

覚悟を決めたら、次にやることは目的地と現在地の確認です。

ここをしっかりやらない人が多いですが、
それだと、失敗確率が大幅に上がってしまいます。

目的地というのは、
どんなライフスタイルを送りたいのかをできる限り明確に決めること。

現在地というのは、
今の自分の実力などを客観的に見つめて把握することです。

稼げない人に特に多いのは、
現在地の把握が出来ていないか、甘すぎるケースです。

現在地の把握が出来ていない人は、
目的地に到達するまでの過程を想像することができないので、

「偏差値30しかないのに、東大に行きたい」とか、
「人気アイドルと結婚したい」とか、
「ニートだけど、ワンチャンあるかも・・・」
「稼いだ経験はないけど、物販で月商2000万狙ってます」
みたいなことを言っちゃいます。

これではイタイだけで、上手くいきません。

稼げていない人は目標を下げよう、
というわけではなくて、
現在地から目的地に到達するまでの過程を想像して、
明らかに無理と思える目標設定は無意味だからやめましょう、ということです。

自分で「無理だな・・・」と感じることは、
現実化できないし、そもそも行動する気が起きません。

「これなら俺でもできるかも・・・!?」
「いや、絶対にできるな!」
という気持ちが起こればしめたもので、一気に行動しやすくなります。

〇現在地と目的地をつなげる。

現在地の把握と、目的地の把握が出来たら、
そこをつなげるルートを作ればいいんですが、
ここは先に目的地に到達してる人に聞いてしまうのが間違いなく最速です。

お金を払って聞いてしまうのが手っ取り早いですが、
お金がない人はお金以外の価値提供を考えてみましょう。

お金というのは、
価値の一形態であって、
ほかにもたくさんの価値提供の方法があります。

音声を文字おこししたり(無償労働)、
サービスや商品にレビューや感想を送ったり、
懇親会を盛り上げたりとか、
そういった価値提供もあります。

ポイントは徹底的にやることです。
下心はあってもいいんですが、それは表に出さずに、
一切の見返りがなくても構わないと決めてやりましょう。

お金に換算したときに数十万くらいの価値提供が出来れば、
成功者が気に入って、無料で色々教えてくれたりします。
(成功者の役に立って、気に入られること)

格差が広がっていくことは止められないので、
その中でいい人生を送っていくために、
自分はどんなライフスタイルを送っていきたいのか?
をはっきりさせましょう。

それはどんな仕事をするかよりも、
どんな人と一緒に仕事をしたいか、
どんな人のようになりたいか、

という感じで、
ノウハウやモノや価格で選択するのではなく、
「人」で選ぶようにすることがコツですよ。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2018/02/cbfbaa708738f2000c5ae8f980fb2599_s.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2018/02/cbfbaa708738f2000c5ae8f980fb2599_s-150x150.jpgkatagiri-blog記事一覧輸入ビジネス全般こんにちは。片桐です。 僕はスカイプや対面で相談にのることが多いんですが、 最近強く感じるのが、お金について2極化が進んでいる事実です。 以前に比べてお金のない人の割合が明らかに増えています。 お金がないのは本人の責任といえば、そうなのですが、 「実は今の日本は不景気だから」というのも、大きな理由だと思います。 〇実体経済と金融経済 株価はかなり上がっていて、 企業業績も非常にいいとされてるんですが、 実感としての景気は悪いです。 経済には実体経済と金融経済がありますが、 金融経済は調子がいいけど、実体経済は調子が悪いというのが 実際のところだと感じています。 金融経済と実体経済の比率は、 金融経済が9割近くて、実体経済は1割程度しかないといわれています。 世の中のお金のほとんどは株とか為替とか、 そういった部分に回っていて、生活のために使うお金は比率でいうと、 毎年どんどん少なくなっていて、影響力も小さくなっています。 なので、株価は高いけど、不景気で生活が全く良くならない、 と感じるわけです。 ピケティという人が21世紀の資本論という本を書いていて、 そこで金融経済のほうが影響が強くて、金融資産を持っている方が、 実体経済で頑張って働くよりお金持ちになれる的なことを言ってるんですが、 その通りだと思います。 こういう世の中では、 金融資産をたくさん持っている人は益々豊かになっていき、 持たざる者は、貧困からの脱出が難しくなるので、どんどん2極化が進んでいきます。 〇物販ビジネスでも2極化が進んでいる。 ビジネスで見ても、稼げる人と稼げない人がはっきり分かれてきています。 稼げない人の特徴は、 短期的な利益を追いかけて、浅く広く色々手を出してしまっていることです。 典型的なノウハウコレクターで、 いいノウハウがあれば稼げる!と勘違いしている人が多いです。 ノウハウというのは、 簡単で誰でもできるものであるほど、短期的にしか稼げません。 (稼ぐのに労力が必要だったり、稼ぎの上限値が少ないものなど例外はあります) 誰でもできることは、 すぐに稼げなくなったり、アカウント停止やクレームなどお金以外のリスクが多いことがほとんどで、 長期的な手取りで見ると、全然大したことがなく結局手元にお金が残らないことが普通です。 ちなみにですが、ノウハウはそれぞれ特徴はありますがどれを選んでも大丈夫です。 それよりも大事なことは、そのノウハウを提供している人の信頼性です。 ノウハウ自体の精度よりも、 提供者の信頼性のほうが、成功できるできないに大きく影響します。 ビジネスは、10年20年のスパンで見て、 手元のお金が増えているかどうかが大事です。 そのために絶対的に必要なものは、 ノウハウではなくて、原理原則や本質に基づいた稼ぐ力です。 要するに実力をつけよう、という話になりますが、 これは時間がかかります。 即効性も即金性もないです。 しかし、長期的にみると、 最も手残りが多くなるし、総労働時間で見ても短くて済むようになります。 物販で飯を食っていくなら、 いつかは絶対に向き合う必要がありますが、 稼げていない人ほど、 ノウハウに頼る傾向があり、結果として実力が身につかないのでどんどん貧しくなっていきます。 〇成功者の数は確実に増えている。 一方で稼げる人も確実に増えていて、 彼らはしっかりビジネスしています。 稼げる人の特徴は、稼げていない人の真逆で、 狭く深く、1つのことを追求しています。 例えば商品ページの作成でいうと、 稼げない人は、コピペ中心で1ページ数分、数時間で作ったページを量産していることがほとんどですが、 稼げている人は1ページ作るのに30時間とか100時間をかけます。 1ページで月収100万とかが出せるので、 長期で見たら、よっぽど効率がいいんですが、経験したことがない人はここが分かりません。 〇覚悟を決めて、現在地と目的地を把握する。 2極化は今後もどんどん広がっていきます。 その中で上手くいっていない人が成功するには、 覚悟を決めることです。 覚悟を決めるというのは、 「もう〇〇で苦しむのは絶対に嫌だ!どんなことをしてでも変わる!」 と決めることです。 覚悟を決めたら、次にやることは目的地と現在地の確認です。 ここをしっかりやらない人が多いですが、 それだと、失敗確率が大幅に上がってしまいます。 目的地というのは、 どんなライフスタイルを送りたいのかをできる限り明確に決めること。 現在地というのは、 今の自分の実力などを客観的に見つめて把握することです。 稼げない人に特に多いのは、 現在地の把握が出来ていないか、甘すぎるケースです。 現在地の把握が出来ていない人は、 目的地に到達するまでの過程を想像することができないので、 「偏差値30しかないのに、東大に行きたい」とか、 「人気アイドルと結婚したい」とか、 「ニートだけど、ワンチャンあるかも・・・」 「稼いだ経験はないけど、物販で月商2000万狙ってます」 みたいなことを言っちゃいます。 これではイタイだけで、上手くいきません。 稼げていない人は目標を下げよう、 というわけではなくて、 現在地から目的地に到達するまでの過程を想像して、 明らかに無理と思える目標設定は無意味だからやめましょう、ということです。 自分で「無理だな・・・」と感じることは、 現実化できないし、そもそも行動する気が起きません。 「これなら俺でもできるかも・・・!?」 「いや、絶対にできるな!」 という気持ちが起こればしめたもので、一気に行動しやすくなります。 〇現在地と目的地をつなげる。 現在地の把握と、目的地の把握が出来たら、 そこをつなげるルートを作ればいいんですが、 ここは先に目的地に到達してる人に聞いてしまうのが間違いなく最速です。 お金を払って聞いてしまうのが手っ取り早いですが、 お金がない人はお金以外の価値提供を考えてみましょう。 お金というのは、 価値の一形態であって、 ほかにもたくさんの価値提供の方法があります。 音声を文字おこししたり(無償労働)、 サービスや商品にレビューや感想を送ったり、 懇親会を盛り上げたりとか、 そういった価値提供もあります。 ポイントは徹底的にやることです。 下心はあってもいいんですが、それは表に出さずに、 一切の見返りがなくても構わないと決めてやりましょう。 お金に換算したときに数十万くらいの価値提供が出来れば、 成功者が気に入って、無料で色々教えてくれたりします。 (成功者の役に立って、気に入られること) 格差が広がっていくことは止められないので、 その中でいい人生を送っていくために、 自分はどんなライフスタイルを送っていきたいのか? をはっきりさせましょう。 それはどんな仕事をするかよりも、 どんな人と一緒に仕事をしたいか、 どんな人のようになりたいか、 という感じで、 ノウハウやモノや価格で選択するのではなく、 「人」で選ぶようにすることがコツですよ。 参考になれば幸いです。 では、また☆- 輸入・物販解説ブログ -