無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

今日は商品を高く売る方法についてです。

 

商品ページの信頼性を上げる:価値をしっかり伝える

アマゾンで価値の提供を行って価格を上げるにはいくつか方法がありますが、
一言でいうと、「商品ページの信頼性を上げる」事です。

写真、タイトル、商品説明にこだわり、
訴求ポイント、見せ方にこだわり、
お客さんが知りたい情報を全てページ上に載せるようにします。

例えばあなたがストールを販売するとして、
普通に売った時点で負けです。

そのストールを手に入れることによって、どんなメリットがあるのか?
をしっかりと訴求するんです。

軽くて暖かいという商品なら、
なぜ軽いのか?
なぜ暖かいのか?
その商品を身につけると、どんなメリットがあって、
どんな感情になるのか?

それを1秒で伝えるにはどうしたらいいのか?
「なんかいい感じだな」と瞬間で思わせるためにはどうすればいいのか?

どんな言葉を書けばいいのか?
どんな写真にすれば、イメージが瞬間に伝わるのか?

こういったことを徹底して深堀していきます。

そうすると、
他社との差別化が自然とできるようになって、
ライバル対策に繋がり、
さらに価格を上げても商品が売れるようになっていきます。

 

アマゾンの商品ページにはチャンスが埋まっている

幸いなことに、
こういった商品の訴求をしっかりやっているライバルセラーは
楽天にはたくさんいますが、アマゾンにほとんど存在しません。

つまりチャンスです。

アマゾンは相乗り出品という仕組みがあるので、
せっかくページを作っても、他のライバルに相乗りされると、
利益が激減してしまいます。

だからこそアマゾンの出品者は今までに
あまりページの作りこみをしてこなかったんです。

ここを逆手にとって、
相乗りできない仕組みを作ったうえで、
しっかりと商品の訴求をしていけば、
月収100万は楽勝です。

中国輸入のアマゾン販売というと、
ライバルが多い印象を持つ方が多いですが、
ライバルでひしめきあっているのは常に底辺ゾーンです。

ここを抜けてしまえば、
一番ライバルが少ないのはアマゾンですよ。

そしてプラットフォーム販売において大事なことは、
如何にしてカテゴリ内のいい椅子を取るか?です。

検索して1番上に持ってこれたら、
一番いい椅子がとれています。

これはレビュー数と星の数が大きく影響するので、
そのカテゴリにおいてライバルよりも早く
良い椅子をゲットできれば、そこからの維持は比較的簡単です。

今はまだまだ穴だらけ。
ねらい目カテゴリ、ねらい目商品はたくさんありますよ。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2016/02/20160229093011692.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2016/02/20160229093011692-150x150.jpgkatagiri-blog記事一覧輸入ビジネス全般今日は商品を高く売る方法についてです。   商品ページの信頼性を上げる:価値をしっかり伝える アマゾンで価値の提供を行って価格を上げるにはいくつか方法がありますが、 一言でいうと、「商品ページの信頼性を上げる」事です。 写真、タイトル、商品説明にこだわり、 訴求ポイント、見せ方にこだわり、 お客さんが知りたい情報を全てページ上に載せるようにします。 例えばあなたがストールを販売するとして、 普通に売った時点で負けです。 そのストールを手に入れることによって、どんなメリットがあるのか? をしっかりと訴求するんです。 軽くて暖かいという商品なら、 なぜ軽いのか? なぜ暖かいのか? その商品を身につけると、どんなメリットがあって、 どんな感情になるのか? それを1秒で伝えるにはどうしたらいいのか? 「なんかいい感じだな」と瞬間で思わせるためにはどうすればいいのか? どんな言葉を書けばいいのか? どんな写真にすれば、イメージが瞬間に伝わるのか? こういったことを徹底して深堀していきます。 そうすると、 他社との差別化が自然とできるようになって、 ライバル対策に繋がり、 さらに価格を上げても商品が売れるようになっていきます。   アマゾンの商品ページにはチャンスが埋まっている 幸いなことに、 こういった商品の訴求をしっかりやっているライバルセラーは 楽天にはたくさんいますが、アマゾンにほとんど存在しません。 つまりチャンスです。 アマゾンは相乗り出品という仕組みがあるので、 せっかくページを作っても、他のライバルに相乗りされると、 利益が激減してしまいます。 ...- 輸入・物販解説ブログ -