無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

不良在庫の処分方法

こんにちは。片桐です。

昨日まで琵琶湖のリゾートで独占塾の合宿をしていました。

2泊3日のリサーチ合宿だったんですが、
おっさんばっかりいっぱい集まって、
まるで学生旅行のような感じで、
深夜までめちゃめちゃ盛り上がりました。

合宿場所は鹿、イノシシ、猿を結構近くで見ることが出来るような
自然豊かな場所で、何度も行ってるんですが
なぜか行くと元気になれます。

さて、合宿で多くの方の相談にのっていて、
気になったことが3つありました。

・アマゾンでなぜその商品を売るの?と聞いて答えられない人が多い。

・不良在庫が多すぎるのに、あまり意識していない。

・仕入れに躊躇して、思い切ってアクセルを踏み込めない。

・方向性が定まらずに色々な事を浅くやって、
どれも中途半端。

今日のメルマガでは
不良在庫の処分方法について書いてみます。

 

 

不良在庫の処分方法

いきなり結論から書きます。

1 各商品ごとに過去2~3か月の平均売上を出す。

2 1か月あたりの平均売上が3000円以下の商品を見つける。

3 不良在庫と認定する。

4 原価は無視して、思い切った値下げをする。

5 2週間待って全く売れない場合は、
送料と手数料を考えて、現金化可能なギリギリのラインまで値下げする。

6 2週間待ってそれでも売れない場合は廃棄する。

この流れが基本です。
アマゾンでもメルカリでも販路を問わず同じです。

まず最初に不良在庫の定義を1~3で決めます。

ここでは1か月あたりの売上が3000円以下を
不良在庫としています。

利益率を3割としたら、
3000円の売り上げは1000円程度の利益です。

この1000円のために在庫管理やお客様対応をするのは、
労力に見合わない事が多いので、早めに切ってしまいましょう。

不良在庫処分のポイントは、
認定基準を明確にしておいて、
なるべく感情を入れずに、
機械的に出来るだけ早く、
手間をかけずに処分することです。

ページの作りこみをして、
売る努力をすることも大事ですが、
売れない商品に力を入れても、
大していい結果は出ないことが多いです。

それよりも
圧倒的に労力がかからない方法が値下げです。

売れない商品は
仕入れの失敗を早期に認めて、
どんどん処分しちゃいましょう。

赤字になるかもしれませんが、
現金化は出来るはずです。

そうしたら、
その現金で新しく違う仕入れをしましょう。

それを5回くらい繰り返すと、
明らかに不良在庫の率が下がってきます。

不良在庫は誰が仕入れても絶対に出ます。
どんなに気を付けてもある程度出ます。

不良在庫の発生は仕方ないので、
率を下げる努力はいりますが、
それよりも出来る限り早期に処分することを考えましょう。

物販で売れない在庫はただのゴミです。

倉庫に置いておくと倉庫代がかかるし、
自宅が置き場所でも、
家賃がかかってるし、部屋が狭く汚くなります。

売れない在庫はただのゴミであることをしっかり自覚しましょう。

ごみを大事に抱えていても仕方ないので、
1秒でも早く現金化することが大事で、
現金化する時は欲を出して利益を狙わない事。

不良在庫は処分が目的です。
利益が目的じゃないです。

利益を狙うと、処分が出来なくなりますので気を付けて下さいね。

ここまで読んだあなたは、
さっそく自分の商品を見直してみましょう。

アマゾンならセラーセントラルのビジネスレポートを開いて、
(子)商品別詳細ページ 売上・トラフィック
を開きます。

期間を3か月にして、
売上順にソート。

3か月の場合は売上が9000円以下の商品は
全て不良在庫として値下げ。

再仕入はしないようにしてください。
ただし、3か月でみると在庫切れや季節外れの商品も
拾ってしまうと思うので、そこは除外するか期間を短くしてください。

メルカリの場合は、
ビジネスレポート的なものがないので、
管理がやや大変です。

大体感覚的に売れてない商品は分かると思うので、
そういう商品だけ利益計算してみましょう。

利益額が低いモノからガンガン値下げや廃棄をして、
処分していくといいです。

不良在庫がなくなると、
とても気分がスッキリしますよ。

脳みそも回転しやすくなるので、
次の仕入れは成功確率が上がります。
(ホントです)

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/03/faac111b620f23ab386cf7fb721dad53_s.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/03/faac111b620f23ab386cf7fb721dad53_s-150x150.jpgkatagiri-blog記事一覧輸入ビジネス全般不良在庫の処分方法 こんにちは。片桐です。 昨日まで琵琶湖のリゾートで独占塾の合宿をしていました。 2泊3日のリサーチ合宿だったんですが、 おっさんばっかりいっぱい集まって、 まるで学生旅行のような感じで、 深夜までめちゃめちゃ盛り上がりました。 合宿場所は鹿、イノシシ、猿を結構近くで見ることが出来るような 自然豊かな場所で、何度も行ってるんですが なぜか行くと元気になれます。 さて、合宿で多くの方の相談にのっていて、 気になったことが3つありました。 ・アマゾンでなぜその商品を売るの?と聞いて答えられない人が多い。 ・不良在庫が多すぎるのに、あまり意識していない。 ・仕入れに躊躇して、思い切ってアクセルを踏み込めない。 ・方向性が定まらずに色々な事を浅くやって、 どれも中途半端。 今日のメルマガでは 不良在庫の処分方法について書いてみます。     不良在庫の処分方法 いきなり結論から書きます。 1 各商品ごとに過去2~3か月の平均売上を出す。 2 1か月あたりの平均売上が3000円以下の商品を見つける。 3 不良在庫と認定する。 4 原価は無視して、思い切った値下げをする。 5 2週間待って全く売れない場合は、 送料と手数料を考えて、現金化可能なギリギリのラインまで値下げする。 6 2週間待ってそれでも売れない場合は廃棄する。 ...- 輸入・物販解説ブログ -