無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

───────────────────────
☆お知らせ☆
6月に19800円で行われた中国輸入丸わかりセミナーの動画が今だけ無料で貰えます。
船原さんとの役に立つ対談動画も見れますよ。
https://www.viral-manager.com/aff/73063/2110/
───────────────────────

こんにちは!片桐です。

 

物販ビジネスの稼ぎ方で一番多いのはアマゾンの既存商品ページで相乗り販売

現状の物販ビジネスの稼ぎ方で一番多いものは、アマゾンで既存の商品ページに相乗りして販売していく形です。
これは欧米輸入でも中国輸入でもアマゾン輸出でも同じです。

アマゾンの相乗り販売のメリット

この手法のメリットは簡単な事。
売れてる商品がどれなのか?、価格差がどのくらいあるのか?などの情報が全て取得でき、参入障壁が低いので誰でもチャレンジできます。

 

アマゾンの相乗り販売のデメリット

一方でデメリットは簡単で参入障壁が低いからこそ、参入者の増加に伴って価格競争が起こることです。
結果として、どんどん商品寿命が短くなり、粗利が下がっていきます。

最終的にどうなるかというと、この手法自体がジリ貧になって旨味が消えていきます。
全く稼げなくなることはありませんが、作業量はどんどん増えるのに利益は下がっていくのでかなりしんどく感じるはずです。

 

 

欧米輸入は企業レベルでガチでやらないと儲かりにくい

現時点で欧米輸入は販路をAmazon.co.jpやヤフオク!にしている場合、かなり厳しいです。
相当な工夫をしないとほとんど利益が出ないでしょう。
僕自身も欧米輸入をずっと続けていますが、以下をすべて行っても利益率が20%程度です。

・ebayを通さない直接取引
・配送業者と契約しての国際送料割引
・転送業者を通さずに直接日本へ発送
・契約メール便などを利用した格安の国内配送料金

上記は実際にここ数年変わらずに行っている事なんですが、以前は4割くらいの利益率が取れていましたが、
現在は20%程度まで落ち込んでいます。

僕のコンサル生も何人か欧米輸入をやっている人がいますが、一様に利益率が低下しています。
10%を切っていることも珍しくありません。
これだと消費税の支払い義務が発生した時点でアウトになってしまいます。

欧米メインで順調な方の特徴は、楽天やネットショップで販売しているパターンです。
楽天やネットショップの運営は王道ですが、個人や副業レベルでは非常に難しいです。
コストも手間もかなりかかりますし、競争も激しいです。

一例ですが、こちらは現在楽天ランキング1位になっている並行輸入品のページです。
http://item.rakuten.co.jp/z-craft/1125-0023/?l2-id=Ranking_PC_top-0-day_rnkRankingMain&s-id=Ranking_PC_top-0-day_rnkRankingMain_11

品ぞろえの豊富さ、ページの作り込み、レビューの数、どれをとっても個人レベルではとても太刀打ちできません。

要するに欧米輸入系転売で稼ごうとすると、企業レベルでガチでやらないと稼げなくなってきています。
初心者がこれから入る市場としては、魅力が薄いでしょう。

明日に続きます。

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2014/08/E146_kougyouchitai_TP_V-1024x682.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2014/08/E146_kougyouchitai_TP_V-150x150.jpgkatagiri-blogネット物販ビジネス全般記事一覧─────────────────────── ☆お知らせ☆ 6月に19800円で行われた中国輸入丸わかりセミナーの動画が今だけ無料で貰えます。 船原さんとの役に立つ対談動画も見れますよ。 https://www.viral-manager.com/aff/73063/2110/ ─────────────────────── こんにちは!片桐です。   物販ビジネスの稼ぎ方で一番多いのはアマゾンの既存商品ページで相乗り販売 現状の物販ビジネスの稼ぎ方で一番多いものは、アマゾンで既存の商品ページに相乗りして販売していく形です。 これは欧米輸入でも中国輸入でもアマゾン輸出でも同じです。 アマゾンの相乗り販売のメリット この手法のメリットは簡単な事。 売れてる商品がどれなのか?、価格差がどのくらいあるのか?などの情報が全て取得でき、参入障壁が低いので誰でもチャレンジできます。   アマゾンの相乗り販売のデメリット 一方でデメリットは簡単で参入障壁が低いからこそ、参入者の増加に伴って価格競争が起こることです。 結果として、どんどん商品寿命が短くなり、粗利が下がっていきます。 最終的にどうなるかというと、この手法自体がジリ貧になって旨味が消えていきます。 全く稼げなくなることはありませんが、作業量はどんどん増えるのに利益は下がっていくのでかなりしんどく感じるはずです。     欧米輸入は企業レベルでガチでやらないと儲かりにくい 現時点で欧米輸入は販路をAmazon.co.jpやヤフオク!にしている場合、かなり厳しいです。 相当な工夫をしないとほとんど利益が出ないでしょう。 僕自身も欧米輸入をずっと続けていますが、以下をすべて行っても利益率が20%程度です。 ・ebayを通さない直接取引 ・配送業者と契約しての国際送料割引 ・転送業者を通さずに直接日本へ発送 ・契約メール便などを利用した格安の国内配送料金 上記は実際にここ数年変わらずに行っている事なんですが、以前は4割くらいの利益率が取れていましたが、 現在は20%程度まで落ち込んでいます。 僕のコンサル生も何人か欧米輸入をやっている人がいますが、一様に利益率が低下しています。 10%を切っていることも珍しくありません。 これだと消費税の支払い義務が発生した時点でアウトになってしまいます。 欧米メインで順調な方の特徴は、楽天やネットショップで販売しているパターンです。 楽天やネットショップの運営は王道ですが、個人や副業レベルでは非常に難しいです。 コストも手間もかなりかかりますし、競争も激しいです。 一例ですが、こちらは現在楽天ランキング1位になっている並行輸入品のページです。 http://item.rakuten.co.jp/z-craft/1125-0023/?l2-id=Ranking_PC_top-0-day_rnkRankingMain&s-id=Ranking_PC_top-0-day_rnkRankingMain_11 品ぞろえの豊富さ、ページの作り込み、レビューの数、どれをとっても個人レベルではとても太刀打ちできません。 要するに欧米輸入系転売で稼ごうとすると、企業レベルでガチでやらないと稼げなくなってきています。 初心者がこれから入る市場としては、魅力が薄いでしょう。 ...- 輸入・物販解説ブログ -