無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

先日、世帯の年間収入マップというものが公開されています。
http://shimz.me/datavis/mimanCity/

総務省のデータを元にしているようなので、信頼性はありそうです。

これは日本の各地域の世帯年収がどのくらいあるかを見ることが出来るもので、
結構面白いです。
(ウチの会社では社員と一緒に見ていて、かなり盛り上がりました)

これを見ると、東京の港区は年収1000万以上世帯が26%もいて、300万未満が18%です。
同じく東京の足立区は1000万以上が4%300万未満が41%です。

東京の中でもかなり差がありますね。

僕の住む愛知県で見てみると、
年収1000万以上世帯は2-10%程度が多く、300万未満は30-50%くらいです。
東京と比べてみると、東京の方がだいぶ平均世帯年収が高いことが分かります。

日本全体で見てみると、
九州、四国、東北、北海道など地方の年収が相対的に低いことが分かります。

これを見て思うのは、300万未満の世帯は結構多くて、
1000万以上の世帯はかなり少ないという事です。

個人ではなくて世帯の年収なので、
子供のいる家庭や、老人を介護している家庭はかなり厳しそうです。

また、愛知の豊田市など大きな企業の本社や工場があるような地域は、
年収が高い傾向が顕著です。

やはり儲かっている企業というのは、
雇用を生むし、税金もたくさん払ってくれることが多いので貴重な存在ですね。

結構面白いと思うので、暇な時でも見てみるといいかもしれません。

世帯の年間収入マップ
http://shimz.me/datavis/mimanCity/

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2015/12/201512031853114da.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2015/12/201512031853114da-150x150.jpgkatagiri-blogその他記事一覧先日、世帯の年間収入マップというものが公開されています。 http://shimz.me/datavis/mimanCity/ 総務省のデータを元にしているようなので、信頼性はありそうです。 これは日本の各地域の世帯年収がどのくらいあるかを見ることが出来るもので、 結構面白いです。 (ウチの会社では社員と一緒に見ていて、かなり盛り上がりました) これを見ると、東京の港区は年収1000万以上世帯が26%もいて、300万未満が18%です。 同じく東京の足立区は1000万以上が4%300万未満が41%です。 東京の中でもかなり差がありますね。 僕の住む愛知県で見てみると、 年収1000万以上世帯は2-10%程度が多く、300万未満は30-50%くらいです。 東京と比べてみると、東京の方がだいぶ平均世帯年収が高いことが分かります。 日本全体で見てみると、 九州、四国、東北、北海道など地方の年収が相対的に低いことが分かります。 これを見て思うのは、300万未満の世帯は結構多くて、 1000万以上の世帯はかなり少ないという事です。 個人ではなくて世帯の年収なので、 子供のいる家庭や、老人を介護している家庭はかなり厳しそうです。 また、愛知の豊田市など大きな企業の本社や工場があるような地域は、 年収が高い傾向が顕著です。 やはり儲かっている企業というのは、 雇用を生むし、税金もたくさん払ってくれることが多いので貴重な存在ですね。 結構面白いと思うので、暇な時でも見てみるといいかもしれません。 ...- 輸入・物販解説ブログ -