無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

僕がコンサルで教えている戦略について

こんにちは。片桐です。

最近、連日コンサルをしています。

今日はコンサルで僕がどんな話をしているかをお伝えします。

長くなりますが、
とても役に立つ内容です。

〇一般的な中国輸入、アマゾン販売は稼ぎにくくなってきている。

中国輸入アマゾン販売ですが、
名入れをして、商標を取って、相乗りを防ぐ程度の戦略では、
かなり稼ぎにくくなっています。

このノウハウをやっている人の多くは苦戦していて、
売上が下がっている人が多いです。

理由は明確で中国人セラーの大量参入が原因です。

残念ながら、中国人セラーが今後少なくなることは多分ありません。

2年前、iPhoneケースとかフィルムカテゴリは中国人比率が4割程度だったんですが、
今は9割以上です。

価格競争が激化したり、
同じ商品を打っているセラーの数が増えたりで、
単純に日本人セラーのほとんどは競争に負けてしまっているのが現実です。

今はOEMをかけるのは当たり前で、
商品の品質が良く、販売ページが洗練されていて、
広告の打ち方や販売促進のやり方をよく理解して、
レビュー取得率を高めて、
勝ちパターンを見つけていないと勝てません。

逆に言うと、
勝ちパターンを見つけている人は大きく売上利益が伸びています。

月商一千万越えも割と出てきてるし、
多い人だと、1人物販で月商数千万、利益率50%とかの実績を継続してあげています。

2極化が進んでいて、
過去に月収100万稼げていたような人が50万以下まで落ちて、
代わりにガッツリ稼ぐ人が台頭しています。

ただ、はっきり言って、
月商数千万のレベルは再現性は低いです。

資金もいるし、高い能力、センスが要求されるので、
やり方を聞いてもほとんどの人は実行出来ません。

コンサルの初回で、
月商数千万レベルの実例をいくつか紹介して、
どうやってここまで行けるのか解説するんですが、
ほとんどの人はそのやり方を選びません。

「すごいとは思うけど、ちょっと次元が違う・・・」

「自分には無理だと思う」

という感想が大半です。

〇戦略の大幅な見直しが必要

中国輸入アマゾン販売をメインでやっている人は、
戦略の大幅な見直しをするべき時期に来ています。

今のやり方で売り上げが下がっていて、
有効な打開策が見つかっていない方は特に見直しが必要です。

僕の言う「戦略」というのは方向性の事で、
継続、安定して稼げて、将来の発展性があるビジネスを構築することです。

市場は常に動いてるので、
稼ぎやすい市場、稼ぎにくい市場があります。

その中で継続、安定を考えると、

・参入に一定のハードルがあり、超えられる人が少ない。

・ノウハウが世の中にあまり出回っていない。

といったビジネスを選択するのがおすすめです。

(もしくは前述した形で、
正攻法で真正面から戦って勝つ)

そのうえで、できれば今やっていることの延長線上にあるビジネスを選択できると、
かなり成功確率が上がります。

〇転売をやるか、実力を身につけるか?

大きな選択の1つとして、
「転売」で稼ぐのか、実力を身につけて、

「オリジナル商品の小売」
「卸」
「メーカー」

のいずれかで稼ぐのか?
という選択があります。

「どっちがいいですか?」

と聞いたら、10人中9人は「実力をつけたい」と答えます。

けれども、
実力をつけるのは難しくて、転売は簡単です。

月商数千万稼ぐやり方が明確にあったとしても、
具体的なやり方を聞いたら、ほとんどの人は「無理だ」「大変」と感じてやりませんから。

転売は一時期稼げても、寿命が短いのと、社会的評価や信用度が低いことが欠点です。

また、「仕事」というよりも「作業」という感じで、
「お客さんのために役に立つ」要素が薄いです。

一部では、品薄商品を買い占めて、
高く転売するダフ屋のような行為が見受けられて、
社会的に嫌われることすらあります。

仕事はお金を稼ぐための手段と割り切るならやってもいいんじゃないかと思いますが、
一生の仕事になり得るか?というと、疑問を感じてしまいますね。

転売のメリットは簡単に稼げること、初期資金が少なくていいことです。

このメリットは大きいです。

人数比でいったら、全ネット物販人口の半分以上は転売が占めてるんじゃないかと思うくらいなので、
実際に転売を選択してる人は多いわけです。

〇OEMの現実

「実力をつけて、しっかり物販をやろう」
と思ったら、大抵はOEMをやることになります。

OEMですが、今は名入れするだけといった相乗り対策のOEMではなくて、
企画から販売までをトータルでプロデュースする能力が求められます。

OEMの資金には50万程度かかることが多いですが、、
50万だと1商品しか持てないことが多いので、これだと現実問題として、
商品数が少なすぎて、飯が食えるレベルの利益額にならないことが多いです。

なので、自己資金で200-300万くらいは欲しいところです。

融資を受けるという選択もありますが、
実績ゼロからの融資はリスキーだし、
最近は国金の審査基準も厳しくなってるので、
最低でも100万くらいは自己資金が必要です。

これが用意できない場合、OEMはそもそも選択肢から消えてしまいます。

無理してやってもロクな結果になりません。

OEMで売れるオリジナル商品を作ることが出来て、
amazonの椅子取りゲーム(レビューを取得して自然検索で上位表示が出来る状態)に勝てれば、
カテゴリにもよりますが、非常に安定します。

ニッチ系だと、1年放置しても売り上げが全然下がりません。

FBA利用なら
作業も在庫補充しかないので、非常に楽に利益を積み上げていけます。

ポイントは中国人が参入できないカテゴリを選ぶことです。

さらに言うと、
ヤフーショッピングや楽天に横展開が出来て、
ページ作成やリサーチにいちいち悩まない
(毎回同じやり方が通用する商材)形に出来ると、
将来性、安定性、継続性が非常に高くなり、
未来が明るくなります。

自分の好きな商品や本当にお客さんの役に立つ商品を
開発、販売することもできるようになります。

このやり方はかなりオススメです。

特に中国輸入アマゾン販売をメインでやっている人には、
延長線上で出来るので、
今までやってきたこと(ページ作成など)がそのまま活かせます。

〇転売で稼ぐなら、このやり方!

転売をメインで稼ぐなら、一番のおすすめはメルカリです。

中国輸入メルカリ販売の手法はここ2年、変わらずに安定して稼げています。

稼ぎの難易度はかなり低めで、
稼げる金額は大きいです。

ちなみに稼いでる人は月収で500万を超えています。

この金額はアマゾンや楽天のトップセラーでも中々いません。

なので、ここに集中して、
とにかく現金を手に入れるのはアリです。

やり方はフリマアプリ塾でしっかり学べます。

フリマアプリ塾は、
メルカリの稼ぎ方に関して、
質、量、実績のどれをとっても多分日本一です。

メルカリで評価が高く、稼いでる人の半分くらいは塾生です。

稼ぎ方もグレーな要素はなく、
とてもまっとうなやり方をお伝えしています。

メルカリの市場はおそらく、今後も大きく変わることはありません。

アマゾンや楽天のトップセラーが参入してくることはまずないし、
中国人も入ってきません。

細かいストレスは色々ありますが、
一発で稼げなくなるような大きな変化が起こる可能性は低いと見ています。

メルカリ自体の市場はもっと大きくなりそうなので、
今からの参入でも全然問題ありません。

最近ではメルカリの次のステップも、
大分明確に見えてきたので、将来性、発展性も期待できます。

〇方向性を明確にする。

まとめます。

今の物販では、方向性を明確にして、
最初から戦略を組まないと勝てなくなってきています。

逆に戦略が組めて良く理解できていると、
大きく売り上げが下がったり、慌てたりすることが無くなります。

小さなトラブルは起きますが、
大事故は起きなくなるので、それが安定につながります。

決めるべき方向性として、

転売のように、
カンタンで誰でも出来る稼ぎ方で稼ぐか、

物販の実力をつけて、
地に足をつけた稼ぎ方をするか、

の選択があります。

それぞれのメリットデメリットはこんな感じ。

カンタンで誰でも稼げる=
参入者が多く、商品寿命、ノウハウの寿命が短い。
抽象度の低い稼ぎ方になるので、つぶしがきかない。
社会的評価が低い。

一方で、小資金で出来ることが多く、
キャッシュフローも良く、即金性が高いことが多い。

実力をつけて稼ぐ=
時間がかかるし、キャッシュフローが悪い。
(大型仕入れをした場合など、失敗した際のダメージがある)
難易度が高い。

継続性、安定性が高く、つぶしがきく。
(訴求力のあるページ作成が出来たら、販路を問わず使えるなど)

お客さんの役に立つ仕事ができるので、生きがいにつながる。

まずはここの選択をしたうえで、
次にどのノウハウを実行するか?を決める段階に行きます。

いい、悪いとか正解、不正解はありません。

方向性は
人生観とか仕事観につながるもので、
「これをやる!」と決めたら、貫き通すことが大事です。

世の中にはたくさんのノウハウが溢れています。

自分の意思を無視して、
「なんか稼げそう」と感じるノウハウを優先してしまう人が多いんですが、
ノウハウ優先で方向性を決めると、
ほぼ確実に途中で行き詰ります。

ノウハウよりも
自分の意思の方がはるかに大事で、
そっちを決めてから、ノウハウを探すといいです。

ちなみにこういったことも決めておくと、
より方向性が明確になります。

・1人物販でやるのか、
(利益率が高く手残りが多い。自由度が高い。売上拡大に限界がある)

チームでやるのか?
(家賃や人件費が経費としてかかるが、拡大が可能。人材管理の素質が必要)

・とにかく稼げる金額を重視して、労働時間はいくら長くてもいいのか、

お金よりも自由な時間を優先したいのか?

・グレーやブラックなビジネスをしてでもお金を稼ぐのか、
(短期的には簡単にお金を稼ぎやすい)

まっとうにホワイトにお金を稼ぐのか?
(稼ぎの難易度が上がるが、気持ちよく仕事ができるし、長期継続しやすい)

方向性が定まらず、
何のために仕事をしているかもよく分からず、
何となくやってるだけ、だと、

継続して稼ぐこと自体が難しいし、
お金を稼ぐことが出来たとしても、
人生を楽しむことが出来なくなります。

方向性を最初の段階で明確にして、
それにあったノウハウを探して、
継続、安定出来るように戦略を組んでいけば、

市場環境が変わっても、
十分に対応できるようになり、
ブレなくなります。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2018/06/6e89b0b82049d7681a543a3cae206847_s.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2018/06/6e89b0b82049d7681a543a3cae206847_s-150x150.jpgkatagiri-blogネット物販ビジネス全般記事一覧僕がコンサルで教えている戦略について こんにちは。片桐です。 最近、連日コンサルをしています。 今日はコンサルで僕がどんな話をしているかをお伝えします。 長くなりますが、 とても役に立つ内容です。 〇一般的な中国輸入、アマゾン販売は稼ぎにくくなってきている。 中国輸入アマゾン販売ですが、 名入れをして、商標を取って、相乗りを防ぐ程度の戦略では、 かなり稼ぎにくくなっています。 このノウハウをやっている人の多くは苦戦していて、 売上が下がっている人が多いです。 理由は明確で中国人セラーの大量参入が原因です。 残念ながら、中国人セラーが今後少なくなることは多分ありません。 2年前、iPhoneケースとかフィルムカテゴリは中国人比率が4割程度だったんですが、 今は9割以上です。 価格競争が激化したり、 同じ商品を打っているセラーの数が増えたりで、 単純に日本人セラーのほとんどは競争に負けてしまっているのが現実です。 今はOEMをかけるのは当たり前で、 商品の品質が良く、販売ページが洗練されていて、 広告の打ち方や販売促進のやり方をよく理解して、 レビュー取得率を高めて、 勝ちパターンを見つけていないと勝てません。 逆に言うと、 勝ちパターンを見つけている人は大きく売上利益が伸びています。 月商一千万越えも割と出てきてるし、 多い人だと、1人物販で月商数千万、利益率50%とかの実績を継続してあげています。 2極化が進んでいて、 過去に月収100万稼げていたような人が50万以下まで落ちて、 代わりにガッツリ稼ぐ人が台頭しています。 ただ、はっきり言って、 月商数千万のレベルは再現性は低いです。 資金もいるし、高い能力、センスが要求されるので、 やり方を聞いてもほとんどの人は実行出来ません。 コンサルの初回で、 月商数千万レベルの実例をいくつか紹介して、 どうやってここまで行けるのか解説するんですが、 ほとんどの人はそのやり方を選びません。 「すごいとは思うけど、ちょっと次元が違う・・・」 「自分には無理だと思う」 という感想が大半です。 〇戦略の大幅な見直しが必要 中国輸入アマゾン販売をメインでやっている人は、 戦略の大幅な見直しをするべき時期に来ています。 今のやり方で売り上げが下がっていて、 有効な打開策が見つかっていない方は特に見直しが必要です。 僕の言う「戦略」というのは方向性の事で、 継続、安定して稼げて、将来の発展性があるビジネスを構築することです。 市場は常に動いてるので、 稼ぎやすい市場、稼ぎにくい市場があります。 その中で継続、安定を考えると、 ・参入に一定のハードルがあり、超えられる人が少ない。 ・ノウハウが世の中にあまり出回っていない。 といったビジネスを選択するのがおすすめです。 (もしくは前述した形で、 正攻法で真正面から戦って勝つ) そのうえで、できれば今やっていることの延長線上にあるビジネスを選択できると、 かなり成功確率が上がります。 〇転売をやるか、実力を身につけるか? 大きな選択の1つとして、 「転売」で稼ぐのか、実力を身につけて、 「オリジナル商品の小売」 「卸」 「メーカー」 のいずれかで稼ぐのか? という選択があります。 「どっちがいいですか?」 と聞いたら、10人中9人は「実力をつけたい」と答えます。 けれども、 実力をつけるのは難しくて、転売は簡単です。 月商数千万稼ぐやり方が明確にあったとしても、 具体的なやり方を聞いたら、ほとんどの人は「無理だ」「大変」と感じてやりませんから。 転売は一時期稼げても、寿命が短いのと、社会的評価や信用度が低いことが欠点です。 また、「仕事」というよりも「作業」という感じで、 「お客さんのために役に立つ」要素が薄いです。 一部では、品薄商品を買い占めて、 高く転売するダフ屋のような行為が見受けられて、 社会的に嫌われることすらあります。 仕事はお金を稼ぐための手段と割り切るならやってもいいんじゃないかと思いますが、 一生の仕事になり得るか?というと、疑問を感じてしまいますね。 転売のメリットは簡単に稼げること、初期資金が少なくていいことです。 このメリットは大きいです。 人数比でいったら、全ネット物販人口の半分以上は転売が占めてるんじゃないかと思うくらいなので、 実際に転売を選択してる人は多いわけです。 〇OEMの現実 「実力をつけて、しっかり物販をやろう」 と思ったら、大抵はOEMをやることになります。 OEMですが、今は名入れするだけといった相乗り対策のOEMではなくて、 企画から販売までをトータルでプロデュースする能力が求められます。 OEMの資金には50万程度かかることが多いですが、、 50万だと1商品しか持てないことが多いので、これだと現実問題として、 商品数が少なすぎて、飯が食えるレベルの利益額にならないことが多いです。 なので、自己資金で200-300万くらいは欲しいところです。 融資を受けるという選択もありますが、 実績ゼロからの融資はリスキーだし、 最近は国金の審査基準も厳しくなってるので、 最低でも100万くらいは自己資金が必要です。 これが用意できない場合、OEMはそもそも選択肢から消えてしまいます。 無理してやってもロクな結果になりません。 OEMで売れるオリジナル商品を作ることが出来て、 amazonの椅子取りゲーム(レビューを取得して自然検索で上位表示が出来る状態)に勝てれば、 カテゴリにもよりますが、非常に安定します。 ニッチ系だと、1年放置しても売り上げが全然下がりません。 FBA利用なら 作業も在庫補充しかないので、非常に楽に利益を積み上げていけます。 ポイントは中国人が参入できないカテゴリを選ぶことです。 さらに言うと、 ヤフーショッピングや楽天に横展開が出来て、 ページ作成やリサーチにいちいち悩まない (毎回同じやり方が通用する商材)形に出来ると、 将来性、安定性、継続性が非常に高くなり、 未来が明るくなります。 自分の好きな商品や本当にお客さんの役に立つ商品を 開発、販売することもできるようになります。 このやり方はかなりオススメです。 特に中国輸入アマゾン販売をメインでやっている人には、 延長線上で出来るので、 今までやってきたこと(ページ作成など)がそのまま活かせます。 〇転売で稼ぐなら、このやり方! 転売をメインで稼ぐなら、一番のおすすめはメルカリです。 中国輸入メルカリ販売の手法はここ2年、変わらずに安定して稼げています。 稼ぎの難易度はかなり低めで、 稼げる金額は大きいです。 ちなみに稼いでる人は月収で500万を超えています。 この金額はアマゾンや楽天のトップセラーでも中々いません。 なので、ここに集中して、 とにかく現金を手に入れるのはアリです。 やり方はフリマアプリ塾でしっかり学べます。 フリマアプリ塾は、 メルカリの稼ぎ方に関して、 質、量、実績のどれをとっても多分日本一です。 メルカリで評価が高く、稼いでる人の半分くらいは塾生です。 稼ぎ方もグレーな要素はなく、 とてもまっとうなやり方をお伝えしています。 メルカリの市場はおそらく、今後も大きく変わることはありません。 アマゾンや楽天のトップセラーが参入してくることはまずないし、 中国人も入ってきません。 細かいストレスは色々ありますが、 一発で稼げなくなるような大きな変化が起こる可能性は低いと見ています。 メルカリ自体の市場はもっと大きくなりそうなので、 今からの参入でも全然問題ありません。 最近ではメルカリの次のステップも、 大分明確に見えてきたので、将来性、発展性も期待できます。 〇方向性を明確にする。 まとめます。 今の物販では、方向性を明確にして、 最初から戦略を組まないと勝てなくなってきています。 逆に戦略が組めて良く理解できていると、 大きく売り上げが下がったり、慌てたりすることが無くなります。 小さなトラブルは起きますが、 大事故は起きなくなるので、それが安定につながります。 決めるべき方向性として、 転売のように、 カンタンで誰でも出来る稼ぎ方で稼ぐか、 物販の実力をつけて、 地に足をつけた稼ぎ方をするか、 の選択があります。 それぞれのメリットデメリットはこんな感じ。 カンタンで誰でも稼げる= 参入者が多く、商品寿命、ノウハウの寿命が短い。 抽象度の低い稼ぎ方になるので、つぶしがきかない。 社会的評価が低い。 一方で、小資金で出来ることが多く、 キャッシュフローも良く、即金性が高いことが多い。 実力をつけて稼ぐ= 時間がかかるし、キャッシュフローが悪い。 (大型仕入れをした場合など、失敗した際のダメージがある) 難易度が高い。 継続性、安定性が高く、つぶしがきく。 (訴求力のあるページ作成が出来たら、販路を問わず使えるなど) お客さんの役に立つ仕事ができるので、生きがいにつながる。 まずはここの選択をしたうえで、 次にどのノウハウを実行するか?を決める段階に行きます。 いい、悪いとか正解、不正解はありません。 方向性は 人生観とか仕事観につながるもので、 「これをやる!」と決めたら、貫き通すことが大事です。 世の中にはたくさんのノウハウが溢れています。 自分の意思を無視して、 「なんか稼げそう」と感じるノウハウを優先してしまう人が多いんですが、 ノウハウ優先で方向性を決めると、 ほぼ確実に途中で行き詰ります。 ノウハウよりも 自分の意思の方がはるかに大事で、 そっちを決めてから、ノウハウを探すといいです。 ちなみにこういったことも決めておくと、 より方向性が明確になります。 ・1人物販でやるのか、 (利益率が高く手残りが多い。自由度が高い。売上拡大に限界がある) チームでやるのか? (家賃や人件費が経費としてかかるが、拡大が可能。人材管理の素質が必要) ・とにかく稼げる金額を重視して、労働時間はいくら長くてもいいのか、 お金よりも自由な時間を優先したいのか? ・グレーやブラックなビジネスをしてでもお金を稼ぐのか、 (短期的には簡単にお金を稼ぎやすい) まっとうにホワイトにお金を稼ぐのか? (稼ぎの難易度が上がるが、気持ちよく仕事ができるし、長期継続しやすい) 方向性が定まらず、 何のために仕事をしているかもよく分からず、 何となくやってるだけ、だと、 継続して稼ぐこと自体が難しいし、 お金を稼ぐことが出来たとしても、 人生を楽しむことが出来なくなります。 方向性を最初の段階で明確にして、 それにあったノウハウを探して、 継続、安定出来るように戦略を組んでいけば、 市場環境が変わっても、 十分に対応できるようになり、 ブレなくなります。 参考になれば幸いです。 では、また☆  - 輸入・物販解説ブログ -