無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

アマゾン販売テクニック【社会的証明】

 

今日はアマゾンの販売テクニックについてです。

アマゾンに限らずどこでも使えて効果も抜群なので、覚えておくといいですよ。

〇社会的証明を使った販売方法

社会的証明とは、自分の判断より大勢のほかの人たちの判断を頼りにしてしまうという心理原則です。

心理原則なので非常に強力で、
適切に使うと大きく売り上げを伸ばせます。

日常的によくある社会的証明の例を挙げます。

・行列のできるラーメン屋

・選ばれたのは、綾鷹でした。

・ニキビケア日本売り上げナンバー1!

「みんなが並ぶラーメン屋はきっと美味しいだろう」

「選ばれるという事は、いいものだろう」

「日本売り上げナンバー1なら、変なものではなくて安心できるだろう」

こんなことを何となく感じて、
何となく購入してしまいます。

物販で最もよく使われる手法は、

「〇〇ランキング1位獲得しました!」

というやつです。

楽天やアマゾンで一度は見たことがあるはずです。

これは「みんなが買ってる商品だから安心ですよ。失敗しませんよ」
というのを暗に伝えています。

物販における社会的証明は、

【みんなが買ってる】事をいかに伝えるか?だと思ってください。

みんなが買ってる商品なんだと伝われば、
それだけで確実に売上が伸びます。

では、どうすれば伝わるのか?

ここが大事です。

ポイントは「信頼性を持たせること」です。

例えばレビューがゼロで、
商品画像は1枚だけ、
仕様、説明文は数行しかないような商品ページに、
「アマゾンランキング1位獲得しました!」
と書かれていても、信頼できないですよね?

「レビューもないし、ウソでしょ。
信用できない!」

と感じるはずです。

レビューはあったほうがいいし、
画像も説明文も作りこんである方が信用できます。

信頼性を持たせる上では、
きれいな画像を作ることが一番効果的です。

文字よりも写真や画像のほうがよく見られるので、
伝えやすいからです。

信頼性を持たせる他の方法としては、
自分以外の第3者の力を借りる手法があります。

例えば、

メディアに紹介されたり、
有名人が使っていたり、
医者などの専門職が監修していたり、
いいレビューがたくさん入っていたり、
品質管理のしっかりしている工場で作っていたり、、、とかです。

やり方はたくさんあるので、
他にも色々考えてみましょう。

売れるページをよく見てみると、
随所から信頼性がにじみ出ています。

意図的にそう作っているんですが、

【みんな買ってる】という事を、

【信頼性を持って伝える】事が出来れば、

売れる商品ページを作ることが出来ます。

具体的な細かい手法は色々あるんですが、
まずは大枠の考え方のほうが大事です。

今回説明したことを頭に入れて、
テレビCMとか、広告を見てみると、
社会的証明というのは、手を変え品を変え日常的に使われていることに気が付くはずです。

それにつられて商品を購入したり、
サービスを申し込んだ経験は誰にでもあるはずですが、
意識しないと気が付きません。

気が付くようになると、
今度は自分がその手法を使えるようになります。

非常に汎用性が高く応用もきく手法なので、
アマゾンなどで独自商品を販売している方はぜひ試してみましょう。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/12/72e9098ebc5ebc45af58f0bc8f452eeb_s.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/12/72e9098ebc5ebc45af58f0bc8f452eeb_s-150x150.jpgkatagiri-blog記事一覧輸入ビジネス全般アマゾン販売テクニック【社会的証明】   今日はアマゾンの販売テクニックについてです。 アマゾンに限らずどこでも使えて効果も抜群なので、覚えておくといいですよ。 〇社会的証明を使った販売方法 社会的証明とは、自分の判断より大勢のほかの人たちの判断を頼りにしてしまうという心理原則です。 心理原則なので非常に強力で、 適切に使うと大きく売り上げを伸ばせます。 日常的によくある社会的証明の例を挙げます。 ・行列のできるラーメン屋 ・選ばれたのは、綾鷹でした。 ・ニキビケア日本売り上げナンバー1! 「みんなが並ぶラーメン屋はきっと美味しいだろう」 「選ばれるという事は、いいものだろう」 「日本売り上げナンバー1なら、変なものではなくて安心できるだろう」 こんなことを何となく感じて、 何となく購入してしまいます。 物販で最もよく使われる手法は、 「〇〇ランキング1位獲得しました!」 というやつです。 楽天やアマゾンで一度は見たことがあるはずです。 これは「みんなが買ってる商品だから安心ですよ。失敗しませんよ」 というのを暗に伝えています。 物販における社会的証明は、 【みんなが買ってる】事をいかに伝えるか?だと思ってください。 みんなが買ってる商品なんだと伝われば、 それだけで確実に売上が伸びます。 では、どうすれば伝わるのか? ここが大事です。 ポイントは「信頼性を持たせること」です。 例えばレビューがゼロで、 商品画像は1枚だけ、 仕様、説明文は数行しかないような商品ページに、 「アマゾンランキング1位獲得しました!」 と書かれていても、信頼できないですよね? 「レビューもないし、ウソでしょ。 信用できない!」 と感じるはずです。 レビューはあったほうがいいし、 画像も説明文も作りこんである方が信用できます。 信頼性を持たせる上では、 きれいな画像を作ることが一番効果的です。 文字よりも写真や画像のほうがよく見られるので、 伝えやすいからです。 信頼性を持たせる他の方法としては、 自分以外の第3者の力を借りる手法があります。 例えば、 メディアに紹介されたり、 有名人が使っていたり、 医者などの専門職が監修していたり、 いいレビューがたくさん入っていたり、 品質管理のしっかりしている工場で作っていたり、、、とかです。 やり方はたくさんあるので、 他にも色々考えてみましょう。 売れるページをよく見てみると、 随所から信頼性がにじみ出ています。 意図的にそう作っているんですが、 【みんな買ってる】という事を、 【信頼性を持って伝える】事が出来れば、 売れる商品ページを作ることが出来ます。 具体的な細かい手法は色々あるんですが、 まずは大枠の考え方のほうが大事です。 今回説明したことを頭に入れて、 テレビCMとか、広告を見てみると、 社会的証明というのは、手を変え品を変え日常的に使われていることに気が付くはずです。 それにつられて商品を購入したり、 サービスを申し込んだ経験は誰にでもあるはずですが、 意識しないと気が付きません。 気が付くようになると、 今度は自分がその手法を使えるようになります。 非常に汎用性が高く応用もきく手法なので、 アマゾンなどで独自商品を販売している方はぜひ試してみましょう。 参考になれば幸いです。 では、また☆- 輸入・物販解説ブログ -