無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

リスクについて考えてみる

こんにちは!

片桐です。

今回はリスクについて考えてみたいと思います。

リスクをしっかり把握して、管理できるようになれば、リスク自体を減らせますし、行動しやすくなります。

 

 

輸入ビジネスのリスク:在庫

輸入ビジネスのリスク、というと真っ先に浮かぶのは在庫リスクです。

商品を仕入れたけれど、売れない。

もしくは売れたけど、赤字という場合ですね。

これは代表的なリスクで、誰でも思いつきます。

このリスクは実はあんまり怖くありません。

というのも、リサーチをしっかり行っていれば損失を減らすことが出来ますし、

赤字になったとしても損失額は限定されています。

仕入金額以上を失うことはありえないし、ほとんどの場合で仕入価格の8割程度は回収できます。

しかも大抵の商品は相場に合わせた価格設定ならば、時間さえかければほぼ売れます。

実際に僕の取扱商品数は1000を超えていますが、2年以上売れ残っている商品は1個もありません。
(ヤフオク1円出品などで売りさばくことはありますが)

では、在庫リスク以外にはどんなリスクがあるんでしょうか?

 

輸入ビジネスのリスク:偽物、法律に引っかかるもの

まず一番気を付けるべきなのは、偽物や法律に引っかかる商品などです。

これは最悪の場合、犯罪になりかねません。

税関で商品が廃棄されることもあるので、その場合は仕入金額全部が吹き飛びます。

赤字よりもよっぽど怖いですね。

しかしこれも事前にしっかり調査しておけば問題ありません。

輸入ビジネスのリスク:為替

他には為替リスクがあります。

輸出入をしている限り、個人から大企業に至るまでこのリスクは背負っていますね。

マイナスばかりではなく、もちろんプラスに働くこともあります。

為替に関しては予測が出来ないと考えた方が良いので、あまり考えても仕方ない部分です。

為替に一喜一憂するくらいなら、一切気にせずに仕入価格を下げる事と販売価格を上げることに集中したほうがいいです。

 

輸入ビジネスのリスク:その他

もっと規模が大きくなってくると、

従業員や取引先にお金を預けていて、持ち逃げされた、

広告をかけたけど、効果が無かった、

など、今までになかったリスクが出てきますが、

個人レベルだと、大まかに言ってこれくらいしかリスクは無いように思います。

ちなみに上に挙げたものは全て金銭的なリスクのみで、時間や労力については書いていません。

物販は時間や労力がかかるビジネスですが、「メンドクサイ」が先に立ってしまうと、ちょっと厳しいかなと思います。

効率化は大事なんですが、労を惜しんでしまうと、どうしても稼ぎにくくなります。

まとめますと、しっかりリサーチすれば輸入ビジネスのリスクは極限まで減らすことが出来ます。

仕入に躊躇してしまうのは、リサーチとリスクに対する認識が甘いから。

リスク管理は非常に大事ですが、

自分が許容できる範囲のリスクであれば、ガンガン攻めていきましょう!

では、また♪

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2013/07/ef0652ed.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2013/07/ef0652ed-150x150.jpgkatagiri-blog中国輸入記事一覧リスクについて考えてみる こんにちは! 片桐です。 今回はリスクについて考えてみたいと思います。 リスクをしっかり把握して、管理できるようになれば、リスク自体を減らせますし、行動しやすくなります。     輸入ビジネスのリスク:在庫 輸入ビジネスのリスク、というと真っ先に浮かぶのは在庫リスクです。 商品を仕入れたけれど、売れない。 もしくは売れたけど、赤字という場合ですね。 これは代表的なリスクで、誰でも思いつきます。 このリスクは実はあんまり怖くありません。 というのも、リサーチをしっかり行っていれば損失を減らすことが出来ますし、 赤字になったとしても損失額は限定されています。 仕入金額以上を失うことはありえないし、ほとんどの場合で仕入価格の8割程度は回収できます。 しかも大抵の商品は相場に合わせた価格設定ならば、時間さえかければほぼ売れます。 実際に僕の取扱商品数は1000を超えていますが、2年以上売れ残っている商品は1個もありません。 (ヤフオク1円出品などで売りさばくことはありますが) では、在庫リスク以外にはどんなリスクがあるんでしょうか?   輸入ビジネスのリスク:偽物、法律に引っかかるもの まず一番気を付けるべきなのは、偽物や法律に引っかかる商品などです。 ...- 輸入・物販解説ブログ -