無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

amazonの攻略法

 

今日は今のamazonの攻略法についてです。

どこの販路でもそうですが、
攻略法は時間とともに少しずつ変化しています。

今のamazonでは、中国人セラーがかなり力をつけていて、
大きな存在になっています。

正直なところ、彼らと正面切って戦うのはしんどいです。

ガンガン価格を下げてくるし、

サクラレビューとか、自社購入とか、グレーな手法もためらいなくやってくるし、

色々な攻撃を仕掛けてくる人もいます。

何より厄介なのは、お金を稼ぐことに貪欲で、行動力があることです。

稼ぐためには手段を選ばず、行動してきます。

同じ土俵で戦うと彼らに勝たないといけないわけですが、
相当な実力をもっているか、同じように手段を選ばずに戦わないと中々勝てないのが、実情です。

(手段を選ばない戦い方は、アカウント停止や閉鎖のリスクが高いので、
僕はおススメしません)

おススメは、中国人セラーがいない、もしくは少ないカテゴリや商品を選ぶことです。

幸いなことにそういったカテゴリや商品は探してみると、結構たくさんあります。

中国人セラーが少ないカテゴリは日本人セラーも少ない傾向があって、
競争が緩いことが多いです。

そもそも、月商数千万を狙っているようなセラーは、
かなり大きな売り上げが見込める市場にしか入ってきません。

大きな市場に入って、ライバルをガンガンなぎ倒すような戦い方をしないと、
ガッツリ稼ぐことはできないからです。

目的はお金を稼ぐことなので、
カンタンで稼ぎやすい市場と難易度の高い市場があったら、
稼ぎやすいほうを選んだ方がいいでしょう。

稼ぎの上限値でいうと少なくなりますが、
個人でやっていく分には十分すぎる利益を上げれます。

逆に年収で1億とかを狙う場合は、
大きい市場に積極的に入っていく必要があります。

〇稼ぎやすい市場はどこなのか?

最初に中国人セラーが多い激戦区カテゴリはここです。

・パソコン周辺機器

・家電・カメラ

これらはアマゾンの中でも売り上げの高いカテゴリです。

ランキング上位を取れると、1日に数百個の販売が出来るようなカテゴリですが、
激戦区だけあって、ライバルがみんな強いです。

その中でライバルに勝てるだけの商品とページ作成で勝負して
実際に勝ててるコンサル生もいますが、
センスや高い能力が要求されるので万人向けではないです。

先述の通り
パワーセラーは一定以上の売り上げが見込める市場にしか、
進出しません。

1か月で10万稼げる商品
とかは市場が小さすぎて、パワーセラーは取り扱いが出来ません。

個人が戦うなら、小規模商品をたくさん持っておくのがおすすめです。

では、中国人セラーが少ない市場はどこでしょうか?

・産業・研究開発用品

・食品・飲料・お酒

・ドラッグストア

・ビューティー

このあたりのカテゴリは中国人セラーはほとんどいません。

日本人でも多くの人はリサーチ対象にしていないカテゴリだと思います。

けど、仕入れは出来るし価格差もあります。
(ちょっと工夫が必要な商品が多いですが)

カテゴリで見るとちょっと大きいですが、
個別の商品単位で見れば、ほかにも中国人セラーが少ない商品はたくさんあります。

そもそも競争が緩くて、ライバルが弱いけど、そこそこ売れてる商品を狙う。

個人で戦うなら、この形が一番ねらい目ですよ。

〇既製品でいくか、OEMをかけるか?

さて、カテゴリを決めたら今度は既製品で勝負するのか、
OEMをかけてオリジナル商品を持つのか?を決めます。

多くの人はイメージだけで「OEMがいい」というんですが、
その前にそれぞれの特徴を理解しましょう。

・既製品の場合

メリット

少ない数で購入できるので、仕入れたけど売れない金銭的リスクと
仕入れた商品の不良品率が高い品質リスクが少ないです。

既製品だと少数仕入れが出来るので、
リスクを最小化できます。

デメリット

他の人も同じ商品を扱えるので、
売れるほどライバルが出てきて、価格競争、飽和しやすいです。

・OEMの場合

メリット

人と違う商品を持てるので、価格競争になりにくいです。

デメリット

商品によるが、1商品で50万程度のお金がかかることが多いです。
ロットが大きいので、回収までに時間がかかりキャッシュフローが悪い傾向です。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、
一番大事なのは「販売力」です。

同じ商品を売ってるのに、
ライバルよりもたくさん売れる人は販売力があります。

そういう人はOEMをかけても、
大抵うまくいきます。

逆に販売力がない状態でOEMをかけると、失敗しやすいです。

〇販売力とは何か?

販売力をもう少し具体的に言うと、

————————————————

商品力×ページの訴求力(クリック率、転換率)×広告技術=販売力

————————————————

これにプラスして、
レビューの取得率が加わります。

商品力とは、品質がいいこと、人気があって売れる商品であることです。

ページの訴求力は同じ商品を売ってるライバルよりたくさん売る力があること。

広告技術はライバルよりも少ない広告費でたくさん露出が出来る事。

全部のレベルが高ければ言うことないです。

どこか1つを突出して高めるというよりも、
掛け算になるので、全体を通してレベルが高いことが重要です。

戦いやすい市場を選んで、

オリジナル商品を持っていて、

販売力があれば、

1人物販でも月商1000万を十分に狙えます。

アマゾンの場合は、自動化や効率化をしやすいので、
最終的な営業利益率もかなり高い数字を出せますよ。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2018/05/7408a957f82e02c1e56c920cbe2b6ba9.pnghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2018/05/7408a957f82e02c1e56c920cbe2b6ba9-150x150.pngkatagiri-blog記事一覧輸入ビジネス全般amazonの攻略法   今日は今のamazonの攻略法についてです。 どこの販路でもそうですが、 攻略法は時間とともに少しずつ変化しています。 今のamazonでは、中国人セラーがかなり力をつけていて、 大きな存在になっています。 正直なところ、彼らと正面切って戦うのはしんどいです。 ガンガン価格を下げてくるし、 サクラレビューとか、自社購入とか、グレーな手法もためらいなくやってくるし、 色々な攻撃を仕掛けてくる人もいます。 何より厄介なのは、お金を稼ぐことに貪欲で、行動力があることです。 稼ぐためには手段を選ばず、行動してきます。 同じ土俵で戦うと彼らに勝たないといけないわけですが、 相当な実力をもっているか、同じように手段を選ばずに戦わないと中々勝てないのが、実情です。 (手段を選ばない戦い方は、アカウント停止や閉鎖のリスクが高いので、 僕はおススメしません) おススメは、中国人セラーがいない、もしくは少ないカテゴリや商品を選ぶことです。 幸いなことにそういったカテゴリや商品は探してみると、結構たくさんあります。 中国人セラーが少ないカテゴリは日本人セラーも少ない傾向があって、 競争が緩いことが多いです。 そもそも、月商数千万を狙っているようなセラーは、 かなり大きな売り上げが見込める市場にしか入ってきません。 大きな市場に入って、ライバルをガンガンなぎ倒すような戦い方をしないと、 ガッツリ稼ぐことはできないからです。 目的はお金を稼ぐことなので、 カンタンで稼ぎやすい市場と難易度の高い市場があったら、 稼ぎやすいほうを選んだ方がいいでしょう。 稼ぎの上限値でいうと少なくなりますが、 個人でやっていく分には十分すぎる利益を上げれます。 逆に年収で1億とかを狙う場合は、 大きい市場に積極的に入っていく必要があります。 〇稼ぎやすい市場はどこなのか? 最初に中国人セラーが多い激戦区カテゴリはここです。 ・パソコン周辺機器 ・家電・カメラ これらはアマゾンの中でも売り上げの高いカテゴリです。 ランキング上位を取れると、1日に数百個の販売が出来るようなカテゴリですが、 激戦区だけあって、ライバルがみんな強いです。 その中でライバルに勝てるだけの商品とページ作成で勝負して 実際に勝ててるコンサル生もいますが、 センスや高い能力が要求されるので万人向けではないです。 先述の通り パワーセラーは一定以上の売り上げが見込める市場にしか、 進出しません。 1か月で10万稼げる商品 とかは市場が小さすぎて、パワーセラーは取り扱いが出来ません。 個人が戦うなら、小規模商品をたくさん持っておくのがおすすめです。 では、中国人セラーが少ない市場はどこでしょうか? ・産業・研究開発用品 ・食品・飲料・お酒 ・ドラッグストア ・ビューティー このあたりのカテゴリは中国人セラーはほとんどいません。 日本人でも多くの人はリサーチ対象にしていないカテゴリだと思います。 けど、仕入れは出来るし価格差もあります。 (ちょっと工夫が必要な商品が多いですが) カテゴリで見るとちょっと大きいですが、 個別の商品単位で見れば、ほかにも中国人セラーが少ない商品はたくさんあります。 そもそも競争が緩くて、ライバルが弱いけど、そこそこ売れてる商品を狙う。 個人で戦うなら、この形が一番ねらい目ですよ。 〇既製品でいくか、OEMをかけるか? さて、カテゴリを決めたら今度は既製品で勝負するのか、 OEMをかけてオリジナル商品を持つのか?を決めます。 多くの人はイメージだけで「OEMがいい」というんですが、 その前にそれぞれの特徴を理解しましょう。 ・既製品の場合 メリット 少ない数で購入できるので、仕入れたけど売れない金銭的リスクと 仕入れた商品の不良品率が高い品質リスクが少ないです。 既製品だと少数仕入れが出来るので、 リスクを最小化できます。 デメリット 他の人も同じ商品を扱えるので、 売れるほどライバルが出てきて、価格競争、飽和しやすいです。 ・OEMの場合 メリット 人と違う商品を持てるので、価格競争になりにくいです。 デメリット 商品によるが、1商品で50万程度のお金がかかることが多いです。 ロットが大きいので、回収までに時間がかかりキャッシュフローが悪い傾向です。 それぞれにメリットとデメリットがありますが、 一番大事なのは「販売力」です。 同じ商品を売ってるのに、 ライバルよりもたくさん売れる人は販売力があります。 そういう人はOEMをかけても、 大抵うまくいきます。 逆に販売力がない状態でOEMをかけると、失敗しやすいです。 〇販売力とは何か? 販売力をもう少し具体的に言うと、 ------------------------------------------------ 商品力×ページの訴求力(クリック率、転換率)×広告技術=販売力 ------------------------------------------------ これにプラスして、 レビューの取得率が加わります。 商品力とは、品質がいいこと、人気があって売れる商品であることです。 ページの訴求力は同じ商品を売ってるライバルよりたくさん売る力があること。 広告技術はライバルよりも少ない広告費でたくさん露出が出来る事。 全部のレベルが高ければ言うことないです。 どこか1つを突出して高めるというよりも、 掛け算になるので、全体を通してレベルが高いことが重要です。 戦いやすい市場を選んで、 オリジナル商品を持っていて、 販売力があれば、 1人物販でも月商1000万を十分に狙えます。 アマゾンの場合は、自動化や効率化をしやすいので、 最終的な営業利益率もかなり高い数字を出せますよ。 参考になれば幸いです。 では、また☆- 輸入・物販解説ブログ -