無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

こんにちは。片桐です。

個人コンサルでは多くのお申し込みを頂きました。
申し込まれた方は、僕が責任を持ってあらゆることを伝えていきますので、
ガンガン攻めていきましょう。

半年間集中して頑張るだけで、本当に人生は変わりますから。

さて、今日は融資についての話です。

ビジネスで利益が出ていて、お金を入れればさらに利益が出る状態なら、積極的に融資を受けたほうが良い

融資を受けると、大きなお金を簡単に手に入れることが出来ます。

よく相談されるんですが、
融資については受けたほうがいい場合と、受けるべきではない場合があります。

受けた方が良い場合は、すでにビジネスで利益が出ている状態で、
資金を投入すればさらに利益を伸ばすことがほぼ分かっている状態です。

この場合は積極的に資金を投入していいでしょう。
今は日本政策金融公庫からの融資の場合、
利率が非常に低く、かなり有利な条件で融資を受けることが出来ています。

 

 

ビジネスで利益が出ていない状態での融資はやめるべき。

受けるべきではない場合は、現在ビジネスで利益が出せていない状態の時です。
この場合、資金を入れたところでビジネスが伸びる可能性はかなり低く、
最悪の場合は、失敗して融資が生活費に消えたり、もっと悪いとギャンブルに消えたりしてしまいます。

お金があればうまくいく

この考えは完全に幻想です。

お金があっても使う人間に稼ぐ力がなければ稼げるわけがありません。

まず稼げる人間に自分がなること。
資金調達はその次です。

融資を受けるということは、お金を借りる、借金をするということです。
(当たり前ですが)

僕はお金を借りるなら、まずは家族友人知人からの借金をおススメします。
なぜかというと、自分を知っている人からの借金は信頼がないとできないからです。

そして公的機関からの借り入れよりも、家族からの借り入れの方が
一般的に「お金の重み」を感じます。

この感覚がとても大事で、お金を軽く考えてしまう人は、
返済が出来ないことが多いし、借りた後で苦労する確率が高くなります。

逆にお金の重みを実感している人は、
しっかり完済することが多いです。

もし誰も自分にお金を貸してくれなかったら、
自分は信頼されていないわけですから、融資は考えない方が良いです。

借りたとしても、その後上手くいかない事が多いです。
(一時的には気持ちよくなると思いますが)

 

資金がないと稼げないなんてことはない。

「今お金がないから、仕入れが出来なくて稼げないんです!」
というかもしれませんが、
資金が無くても稼ぐ方法なんていくらでもあります。

そもそも一般的に副業でお金を稼ごうとしたときに真っ先に選択肢に浮かぶのは
アルバイトです。

アルバイトなら原資はいりませんし、100%損することがありません。

自分の時間をお金に変えることはみんなやりたがりませんが、
一番確実に稼げます。

輸入ビジネスなどのメルマガをたくさん読んでいると、
怪しいような美味しいような話ばかりが目について、普通の視点を忘れてしまいがちですが、
それは危険です。

まとめると、

・ビジネスで利益が出ていて、お金を入れればさらに利益が出る状態なら、
積極的に融資を受けたほうが良い

・ビジネスで利益が出ていない状態での融資はやめるべき。

・資金がないと稼げないなんてことはない。

・資金が無くても稼ぐ方法はいくらでもある。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2015/09/currency-163476_640.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2015/09/currency-163476_640-150x150.jpgkatagiri-blog記事一覧輸入ビジネス全般こんにちは。片桐です。 個人コンサルでは多くのお申し込みを頂きました。 申し込まれた方は、僕が責任を持ってあらゆることを伝えていきますので、 ガンガン攻めていきましょう。 半年間集中して頑張るだけで、本当に人生は変わりますから。 さて、今日は融資についての話です。 ビジネスで利益が出ていて、お金を入れればさらに利益が出る状態なら、積極的に融資を受けたほうが良い 融資を受けると、大きなお金を簡単に手に入れることが出来ます。 よく相談されるんですが、 融資については受けたほうがいい場合と、受けるべきではない場合があります。 受けた方が良い場合は、すでにビジネスで利益が出ている状態で、 資金を投入すればさらに利益を伸ばすことがほぼ分かっている状態です。 この場合は積極的に資金を投入していいでしょう。 今は日本政策金融公庫からの融資の場合、 利率が非常に低く、かなり有利な条件で融資を受けることが出来ています。     ビジネスで利益が出ていない状態での融資はやめるべき。 受けるべきではない場合は、現在ビジネスで利益が出せていない状態の時です。 この場合、資金を入れたところでビジネスが伸びる可能性はかなり低く、 最悪の場合は、失敗して融資が生活費に消えたり、もっと悪いとギャンブルに消えたりしてしまいます。 お金があればうまくいく この考えは完全に幻想です。 お金があっても使う人間に稼ぐ力がなければ稼げるわけがありません。 まず稼げる人間に自分がなること。 資金調達はその次です。 融資を受けるということは、お金を借りる、借金をするということです。 ...- 輸入・物販解説ブログ -