無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

今日は外注する際にどのような手順で募集して、採用すればいいかについてです。
これだけ見れば知識のない人でも最初のスタートを切れるようになるでしょう。

それでは、分かりやすいように順番に書いていきます。

1 何をやってもらうのかを決める。

外注さんにどんな仕事を依頼するのかを決めます。

ここでのポイントは2つあります。
・自分自身でその作業をやっていてやり方が分かっている事。
・全体の仕事を100としたら、80を外注、20を自分でやるようにする事。

前者については自分が分からない作業を外注さんにお願いしても混乱することが多いので、
まずは自分がやってみて、それから外注を考えましょう。

後者は100全部を外注してしまうと外注さんが全部出来てしまうので、
独立しちゃいますね。

20は自分がやる、もしくは規模が大きいのであれば20をさらに違う外注さんやアルバイトさんなどに
やってもらう形を作ることもできます。

まずは自分でやってみて、
その中で外注できる部分は無いかを考えてみて、
外注できる部分があるなら80を渡すようにするという流れです。

2 外注さんを募集する。

何をしてもらうかが決まったら、今度は募集をかけます。

募集に当たってはたくさんのサイトがあります。

@SOHO

ランサーズ

クラウドワークス

他にもたくさんのサイトがあります。

自分の使いやすいところを使えばいいですが、
2か所くらいに登録しておくと選択肢が広がっていいでしょう。

3 募集文章の作成

次に募集文章を作成します。

似たような依頼が必ずあるので、最初は各サイトを覗いて自分と同じような仕事の依頼がないかを確認します。
確認した中で一番いいなと思った文章を元にして、自分の言葉に替えます。

主に必要な点は以下になるでしょう。
【お仕事詳細】
【報酬】
【納期】
【お支払い】
【求める人材】
【お仕事の流れ】
【注意事項】
【応募者情報】

(1)氏名(ふりがな):

(2)住所:

(3)メールアドレス:

(4)電話番号(携帯でOK):

(5)スカイプID:

(6)性別:

(7)年齢:

4 スカイプ面接

募集をかけて応募があったら、まずはスカイプで面接します。
自分の求める人材かどうかを確認しましょう。

ポイントは、能力面と人柄の両方をチェックすることです。
能力面はテスト的に仕事をやってもらうことで、
人柄は「この人と一緒に仕事がしたいと思えるかどうか」で判断しましょう。

5 採用

この人!という人が見つかったら、採用連絡を行い外注スタートです!
良好な関係を築けるように頑張りましょう。

ビジネスを進めていく中で、人を雇うというのは必ずどこかで発生します。
ここが上手くできるかどうかはものすごく大事なのですが、最終的に
相手のことを考えて行動できるか?といったコミュニケーション能力が最も大事になってきます。

誰でも自分のことばかり考えている人と、長期的なお付き合いはしたくないですから。
外注さんが自分の味方になってくれたら、とても心強いですよ。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2015/10/SOHO.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2015/10/SOHO-150x150.jpgkatagiri-blog記事一覧輸入ビジネス全般今日は外注する際にどのような手順で募集して、採用すればいいかについてです。 これだけ見れば知識のない人でも最初のスタートを切れるようになるでしょう。 それでは、分かりやすいように順番に書いていきます。 1 何をやってもらうのかを決める。 外注さんにどんな仕事を依頼するのかを決めます。 ここでのポイントは2つあります。 ・自分自身でその作業をやっていてやり方が分かっている事。 ・全体の仕事を100としたら、80を外注、20を自分でやるようにする事。 前者については自分が分からない作業を外注さんにお願いしても混乱することが多いので、 まずは自分がやってみて、それから外注を考えましょう。 後者は100全部を外注してしまうと外注さんが全部出来てしまうので、 独立しちゃいますね。 20は自分がやる、もしくは規模が大きいのであれば20をさらに違う外注さんやアルバイトさんなどに やってもらう形を作ることもできます。 まずは自分でやってみて、 その中で外注できる部分は無いかを考えてみて、 外注できる部分があるなら80を渡すようにするという流れです。 2 外注さんを募集する。 何をしてもらうかが決まったら、今度は募集をかけます。 募集に当たってはたくさんのサイトがあります。 @SOHO ランサーズ クラウドワークス 他にもたくさんのサイトがあります。 自分の使いやすいところを使えばいいですが、 2か所くらいに登録しておくと選択肢が広がっていいでしょう。 3 募集文章の作成 次に募集文章を作成します。 ...- 輸入・物販解説ブログ -