無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

こんにちは!片桐です。

輸入ビジネスでちょっと利益が出るようになると、考えなくてはいけないのが税金の問題です。

個人の場合、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、
翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付することになっています。

まさに今の時期ですね!

税金を納める事は義務なのでやるしかないんですが、とにかくややこしいし、時間がかかります。

個人の場合はまず開業届を提出して、白色申告か青色申告を選ぶわけですが、

僕は始めの内は青色申告を選んで、記帳については会計を代行してくれる会社に丸投げしてしまうのが一番いいと考えています。

会社員の方は、もちろん会社にバレずに事業を行う事が可能ですし、

丸投げする場合は白色、青色のどちらでも対応できるようにやってくれますので、税金が有利になる青色を選んだ方がお得です。

理想を言うと、会計に関しては自分でも知識があったほうが良いので、一回は自分で仕分けをして確定申告まで行うと

数字の把握がきっちりできるようになります。

けれども会計は難しいし時間もかかるので、きっちりやるのは正直かなり大変です。

毎日こまめに記帳していればいいですが、1年分をまとめてやろうとするとこれだけで数週間はかかってくるボリュームになると思います。

会計の勉強だけでも大変なのでそっちに時間を使うくらいなら会計に関しては完全に丸投げして、リサーチとか利益を上げる行為に力を割いた方が良いです。

個人でやっていて年間の所得がトータルで1000万位までは丸投げの形でもいいんじゃないかと思います。

しかしそれを超えてくると税金額がかなり大きくなってきますので、丸投げは逆に危険です。

自分自身でもある程度勉強して、税理士さんにお願いするほうが良いでしょう。

会計代行サービスは、僕が個人事業主のときに使っていたところをご紹介できます。

非常に値段が安い点、ほぼ全ての作業を丸投げできる点が特徴です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://rkbz.main.jp/wic_syoukai.pdf

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2014/02/01-1024x768.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2014/02/01-150x150.jpgkatagiri-blog中国輸入記事一覧こんにちは!片桐です。 輸入ビジネスでちょっと利益が出るようになると、考えなくてはいけないのが税金の問題です。 個人の場合、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、 翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付することになっています。 まさに今の時期ですね! 税金を納める事は義務なのでやるしかないんですが、とにかくややこしいし、時間がかかります。 個人の場合はまず開業届を提出して、白色申告か青色申告を選ぶわけですが、 僕は始めの内は青色申告を選んで、記帳については会計を代行してくれる会社に丸投げしてしまうのが一番いいと考えています。 会社員の方は、もちろん会社にバレずに事業を行う事が可能ですし、 丸投げする場合は白色、青色のどちらでも対応できるようにやってくれますので、税金が有利になる青色を選んだ方がお得です。 理想を言うと、会計に関しては自分でも知識があったほうが良いので、一回は自分で仕分けをして確定申告まで行うと 数字の把握がきっちりできるようになります。 けれども会計は難しいし時間もかかるので、きっちりやるのは正直かなり大変です。 毎日こまめに記帳していればいいですが、1年分をまとめてやろうとするとこれだけで数週間はかかってくるボリュームになると思います。 会計の勉強だけでも大変なのでそっちに時間を使うくらいなら会計に関しては完全に丸投げして、リサーチとか利益を上げる行為に力を割いた方が良いです。 個人でやっていて年間の所得がトータルで1000万位までは丸投げの形でもいいんじゃないかと思います。 しかしそれを超えてくると税金額がかなり大きくなってきますので、丸投げは逆に危険です。 自分自身でもある程度勉強して、税理士さんにお願いするほうが良いでしょう。 会計代行サービスは、僕が個人事業主のときに使っていたところをご紹介できます。 ...- 輸入・物販解説ブログ -