無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

今日はネット物販で生計を立てたいと考えている方へのメルマガです。

ネット物販で独立するのなら必ず押さえておくべき販路は「アマゾン」「楽天」「ネットショップ」

このうちどれか一つはマスターしておかないと、
物販で長期間食べていくのは難しいと思います。

販路はほかにもたくさんあって、
メルカリ、ヤフオク、BUYMA、Qoo10などいろいろありますが、
これらの販路を業務拡大のためのサブ販路として使うにはOKで、
むしろやった方がいいですが、
メインにするのはやや危ないと思います。

 

なぜこの3つの販路を抑える必要があるのか

理由は簡単で、
アマゾン、楽天はお客さんの数が非常に多く、プラットフォームが潰れることがまずありません。
大きな売り上げを立てることもできます。

ネットショップはやり方次第になりますが、同様に大きな売り上げを立てることが出来ます。

一方でそれ以外の販路は、
副業であればメインにしても問題ないのですが、
専業でいくなら、やや危険と思います。

それは長い目で見たときにプラットフォーム自体が落ち目になる可能性があるのと
利用者数がそこまで多くないので、上限値があまり高くないためです。
(つまり同じ労力をかけるならお客さんの多いところにかけたほうがいい結果が出やすい)

個人的には「アマゾン」が一番稼ぎやすいと思う

それでは、アマゾン、楽天、ネットショップの比較ですが、

自分がやりやすいものでOKです。

人によってアマゾンが得意な人、楽天、ネットショップが得意な人と
分かれます。

僕は楽天にも出していますが、
アマゾンが得意です。

そして3つを比べたときに僕はアマゾンが一番稼ぎやすいと思っています。

その理由は、
ライバルが弱いからです。

ライバルが一番強いのが楽天で、
月額の手数料も高いので、初心者には向きません。

アマゾンの場合は相乗りのシステムがあり、
同じ商品であればページ作成者以外でも、同じページで販売が出来ます。

これはお客さんからすると価格比較が容易になるメリットがありますが、
出品者からすると価格競争が起こりやすくなります。

そしてページ作成者以外も販売できてしまうと、
そのページを育てようという気が起きません。

そのため、アマゾンは楽天に比べてしょぼいページが多く、
ライバルが弱いです。

だからこそ、アマゾンが稼ぎやすいんです。
つまり相乗りが出来ない状態(独占販売状態)を作って、
そのページを育てていけば、ライバルが弱いのでトップを取りやすいんです。

ぶっちゃけた話、楽天は初心者がゼロから参入するのはかなりハードルが高いです。

周りが扱えない、品質のいいオリジナル商品を持っていればいいですが、
誰でも扱える商品を楽天で売ろうとすると、かなり厳しいはず。

ネットショップについては、単価の安い中国商材はそもそも向いていません。
というのは、どうしても広告費が必要だからです。

広告費をかけようとすると、商品の粗利が高くないとペイしないことが多く、
低単価商材はネットショップに向きません。

ブログやSNSから集客する方法もありますが、
自分でやるとかなりの手間がかかります。

また、楽天とネットショップはアマゾンに比べて3倍手間がかかります。

お客さんの注文確認からはじまり、
入金の確認や発送連絡、商品ページも企画ごとにバナーの交換が必要だったりと、
かなり面倒です。

アマゾンはFBAに入れておけば、あとはほったらかしでOKなので、
非常に楽ちんです。

なので僕はアマゾンが好きなのですが、
ここは単純に向いてる向いてないの話だと思っています。

楽天が向いてるなら楽天。
ネットショップが向いてるならネットショップでいいと思います。

そもそもやってない人の方が少ないかもしれませんが、
アマゾン、楽天、ネットショップのどれかは柱にしておいた方が良いですよ。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2015/12/20151205111828e1e.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2015/12/20151205111828e1e-150x150.jpgkatagiri-blog中国輸入記事一覧今日はネット物販で生計を立てたいと考えている方へのメルマガです。 ネット物販で独立するのなら必ず押さえておくべき販路は「アマゾン」「楽天」「ネットショップ」 このうちどれか一つはマスターしておかないと、 物販で長期間食べていくのは難しいと思います。 販路はほかにもたくさんあって、 メルカリ、ヤフオク、BUYMA、Qoo10などいろいろありますが、 これらの販路を業務拡大のためのサブ販路として使うにはOKで、 むしろやった方がいいですが、 メインにするのはやや危ないと思います。   なぜこの3つの販路を抑える必要があるのか 理由は簡単で、 アマゾン、楽天はお客さんの数が非常に多く、プラットフォームが潰れることがまずありません。 大きな売り上げを立てることもできます。 ネットショップはやり方次第になりますが、同様に大きな売り上げを立てることが出来ます。 一方でそれ以外の販路は、 副業であればメインにしても問題ないのですが、 専業でいくなら、やや危険と思います。 それは長い目で見たときにプラットフォーム自体が落ち目になる可能性があるのと 利用者数がそこまで多くないので、上限値があまり高くないためです。 (つまり同じ労力をかけるならお客さんの多いところにかけたほうがいい結果が出やすい) 個人的には「アマゾン」が一番稼ぎやすいと思う それでは、アマゾン、楽天、ネットショップの比較ですが、 自分がやりやすいものでOKです。 人によってアマゾンが得意な人、楽天、ネットショップが得意な人と 分かれます。 僕は楽天にも出していますが、 アマゾンが得意です。 そして3つを比べたときに僕はアマゾンが一番稼ぎやすいと思っています。 その理由は、 ライバルが弱いからです。 ライバルが一番強いのが楽天で、 月額の手数料も高いので、初心者には向きません。 ...- 輸入・物販解説ブログ -