無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

日本経済破綻の可能性

 

今日は日本経済破綻の可能性についてです。

先に結論を書いておくと、

「たぶん大丈夫だけど、念のため備えておく方がいい」

と個人的に考えています。

よく言われていますが
日本は政府の借金が1000兆円を大きく超えています。

規模で見てもGDPの比率で見ても、
世界トップクラスの借金を背負っていて、しかも毎年大幅に金額が増えています。

 

色々調べてみると、大きく2つの意見がある

・日本の財政は全く問題ない!大丈夫。

・日本の財政はやばい。いつか必ず破綻する。

完全に真逆ではありますが、それぞれの言い分はこんな感じ。

・日本の財政は問題ない派の意見

借金も多いが換金可能な資産も多い。差し引きすると純粋な借金は少ない。

日本国債保有者のほとんどは日本人だから(身内での貸し借りだから)

・日本の財政はやばい派の意見

55兆円の歳入しかないのに、歳出は95兆円あって、国債が40兆円。こんな異常事態がずっと続くわけがない。

今後、少子高齢化によって借金はさらに増える見込み。

両者の意見はそれぞれに納得できる部分があるのですが、
結論は真逆です。

じゃあ、いったいどっちが正しいのか?
という話ですが、これは数年、数十年の月日が経たないと証明出来ないでしょう。

今のところ、日本の借金額は増える一方で全く減る気配がありません。

そして、いつまで借金額を増やし続けることが出来るのかというと、
ここが分かりません。

 

「もうこれ以上借金は出来ない!」

となった場合に国が取れる政策は理論上2つしかないとされています。

1 増税

2 インフレ

個人的には増税は今のようにじりじりとしていくことは出来ても、
一気に大幅な増税をするのは難しいように思います。

国民は当然大反対するので、
それを押し切って増税に踏み切れる覚悟のある政治家はいないように思います。

同じ理由で、
預金封鎖も起こる確率は低いと思っています。

増税は、抜本的な回避手段が海外に移住するくらいしかありません。
現実的にはじりじりと増税されていくのを耐えるケースが一番多いでしょう。

インフレの場合はコントロールが難しいので、
どのくらいのインフレになるのかが問題です。

ハイパーインフレレベルになってしまうと大パニックです。

ただ、インフレは回避手段が明確にあります。

一番手堅いのは円ではなく、米ドルなどの外貨に換えておくことです。
将来的にインフレになる可能性は十分に高いので、ある程度の資産がある人は換えておく方がいいでしょう。

増税やインフレがあると、
どんなにお金を貯め込んでいても、
一瞬で大きく失ってしまう可能性があります。

(ちなみに2%のインフレが続くと、36年で日本円の価値は半分になります。
もしハイパーインフレになったら一瞬です)

インフレも増税も未来のことなので正確な予測は出来ませんが、

「多分大丈夫と思うけれど、備えが出来るのであれば備えておく方がいい。
備えにかかる手間やお金が極小ならなおさら」

というのが僕の考えです。

資産が少ない場合

増税やインフレはあまり気にせずに
それよりも稼ぐ力を見つけることを第一にしましょう。

稼ぐ力は無形なのでわかりにくいですが、有形のお金よりも価値があります。
インフレや増税があると、お金は失われますが無形の力は失われません。

無形の稼ぐ力はいつでも有形のお金に交換できますし、
原理原則や本質に則った抽象度の高いものであれば、
生涯にわたってずっと使えます。

しかし、抽象度が高いということは、
具体性に乏しいと言うことです。

具体性がないと、何をやっていいか分からないので行動できません。

僕がオススメしているのは、
最初は抽象度を下げて、徹底的に具体性の高いノウハウを学ぶことです。

具体性の高いノウハウを学びながら、
同時に抽象的な原理原則や本質を学んでいきます。

具体性の高いノウハウは、
やれば結果が出ます。
お金が儲かります。

お金が儲かる感触がないと、
やはり行動が続きません。

メルカリなどの即金性と再現性が高い市場からスタートして、
徐々に抽象度を上げていきながら、アマゾンのような継続性の高い市場で稼ぐようにシフトしていき、
資金が余るようになってきたら、投資に回して不労所得を得る。

これが僕がオススメしている流れです。

何かが起こっても対応出来る幅が増えるので、安心できます。

そして先に進めば進むほど、
どんどん楽になり、安定して
仕事が楽しくなっていきます。

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/12/cb1fdaa3d4535face0652505c4408ed5_s.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/12/cb1fdaa3d4535face0652505c4408ed5_s-150x150.jpgkatagiri-blogその他記事一覧日本経済破綻の可能性   今日は日本経済破綻の可能性についてです。 先に結論を書いておくと、 「たぶん大丈夫だけど、念のため備えておく方がいい」 と個人的に考えています。 よく言われていますが 日本は政府の借金が1000兆円を大きく超えています。 規模で見てもGDPの比率で見ても、 世界トップクラスの借金を背負っていて、しかも毎年大幅に金額が増えています。   色々調べてみると、大きく2つの意見がある ・日本の財政は全く問題ない!大丈夫。 ・日本の財政はやばい。いつか必ず破綻する。 完全に真逆ではありますが、それぞれの言い分はこんな感じ。 ・日本の財政は問題ない派の意見 借金も多いが換金可能な資産も多い。差し引きすると純粋な借金は少ない。 日本国債保有者のほとんどは日本人だから(身内での貸し借りだから) ・日本の財政はやばい派の意見 55兆円の歳入しかないのに、歳出は95兆円あって、国債が40兆円。こんな異常事態がずっと続くわけがない。 今後、少子高齢化によって借金はさらに増える見込み。 両者の意見はそれぞれに納得できる部分があるのですが、 結論は真逆です。 じゃあ、いったいどっちが正しいのか? という話ですが、これは数年、数十年の月日が経たないと証明出来ないでしょう。 今のところ、日本の借金額は増える一方で全く減る気配がありません。 そして、いつまで借金額を増やし続けることが出来るのかというと、 ここが分かりません。   「もうこれ以上借金は出来ない!」 となった場合に国が取れる政策は理論上2つしかないとされています。 1 増税 2 インフレ 個人的には増税は今のようにじりじりとしていくことは出来ても、 一気に大幅な増税をするのは難しいように思います。 国民は当然大反対するので、 それを押し切って増税に踏み切れる覚悟のある政治家はいないように思います。 同じ理由で、 預金封鎖も起こる確率は低いと思っています。 増税は、抜本的な回避手段が海外に移住するくらいしかありません。 現実的にはじりじりと増税されていくのを耐えるケースが一番多いでしょう。 インフレの場合はコントロールが難しいので、 どのくらいのインフレになるのかが問題です。 ハイパーインフレレベルになってしまうと大パニックです。 ただ、インフレは回避手段が明確にあります。 一番手堅いのは円ではなく、米ドルなどの外貨に換えておくことです。 将来的にインフレになる可能性は十分に高いので、ある程度の資産がある人は換えておく方がいいでしょう。 増税やインフレがあると、 どんなにお金を貯め込んでいても、 一瞬で大きく失ってしまう可能性があります。 (ちなみに2%のインフレが続くと、36年で日本円の価値は半分になります。 もしハイパーインフレになったら一瞬です) インフレも増税も未来のことなので正確な予測は出来ませんが、 「多分大丈夫と思うけれど、備えが出来るのであれば備えておく方がいい。 備えにかかる手間やお金が極小ならなおさら」 というのが僕の考えです。 資産が少ない場合 増税やインフレはあまり気にせずに それよりも稼ぐ力を見つけることを第一にしましょう。 稼ぐ力は無形なのでわかりにくいですが、有形のお金よりも価値があります。 インフレや増税があると、お金は失われますが無形の力は失われません。 無形の稼ぐ力はいつでも有形のお金に交換できますし、 原理原則や本質に則った抽象度の高いものであれば、 生涯にわたってずっと使えます。 しかし、抽象度が高いということは、 具体性に乏しいと言うことです。 具体性がないと、何をやっていいか分からないので行動できません。 僕がオススメしているのは、 最初は抽象度を下げて、徹底的に具体性の高いノウハウを学ぶことです。 具体性の高いノウハウを学びながら、 同時に抽象的な原理原則や本質を学んでいきます。 具体性の高いノウハウは、 やれば結果が出ます。 お金が儲かります。 お金が儲かる感触がないと、 やはり行動が続きません。 メルカリなどの即金性と再現性が高い市場からスタートして、 徐々に抽象度を上げていきながら、アマゾンのような継続性の高い市場で稼ぐようにシフトしていき、 資金が余るようになってきたら、投資に回して不労所得を得る。 これが僕がオススメしている流れです。 何かが起こっても対応出来る幅が増えるので、安心できます。 そして先に進めば進むほど、 どんどん楽になり、安定して 仕事が楽しくなっていきます。 参考になれば幸いです。 では、また☆- 輸入・物販解説ブログ -