無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

先日節税セミナーに行ってきました。

内容が良くて知らない話もあったので、
今日はいくつかシェアしたいと思います。

 

1 国の制度で年間80万の法人税を節税

これは経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)の話です。
僕も入ってますが、最大で年間240万まで加入することが出来て、
40か月以上の加入があると、いつでも100%戻ってきます。

そして払ったお金は全額経費に出来ます。
上手く活用すると非常にお得な制度なので
利益が出ている法人の方はぜひ加入しておくといいです。

詳細
http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html

2 従業員の親を雇ってロレックスをもらう制度

助成金の話です。

高齢者を雇うと助成金が貰えるらしく、
アルバイトとしての雇用でも40万が貰えるようです。

個人的に助成金は興味が無いので、
僕はやってませんが、無料セミナーも多いので、
興味がある人は問い合わせてみましょう。

http://www.josei-kin.net/

3 役員報酬は毎月同額だと損する

例えば年収1200万、月額100万に設定してる人は、
月額10万、賞与1080万、年収1200万にする方がお得という話です。

事前確定届出給与という制度を使った方法です。

この形にすると、
社会保険が大幅に安くなるようです。

月額100万、年収1200万の人は社会保険だけで合計240万程度を払ってるそうです。
(法人と個人両方払う金額の合計)

これを賞与で多く払う形に変えると、
社会保険には上限があるため、大幅に支払額が安くなって
半額近くになるようです。

僕はこのやり方を知りませんでしたが、
興味があるので検討しています。

それにしても社会保険は高いですね。
税金と同じようなモノですが、中々意識が向かないところです。

4 自己資本にみなせる借入金がある

資本性ローン(劣後ローン)の話です。

借入金なのに、銀行からすると自己資本のようにみられるお金ということです。

日本政策金融公庫が貸してくれます。

僕は借り入れに興味が無いのですが、
ちょっとした裏技ですね。

詳細
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/shihonrtg.html

5 ふるさと納税は超お得

みんな大好き、ふるさと納税です。

やらない方が損と言えるお得な制度です。

年収の高い人ほどお得度が上がるのですが、
年収300万以上ある方は、全員やった方がいいです。

やり方も簡単になっていて、
確定申告が不要になりました。

ここからいくらお得になるかのシミュレーションが出来ます。

http://www.satofull.jp/static/calculation01.php

やってない人は一度やってみるといいですよ。

お米やお肉など、地域の特産品が多いんですが、
僕はモンベルのギフト券をもらうことが多いです。

https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/20486/153605

モンベルはオンラインショップがあって、
品数が非常に豊富なので、迷ったら選んでおいてもいいんじゃないかと思います。

あと、印象に残ったというか、納得した点ですが、
節税というと、何でも税理士に確認する人が多いんですが、
税理士って結構節税に弱いんですよね。

正確に言うと、
節税には、

・法人税
・所得税、住民税
・相続税
・社会保険
・金利
・生命保険
・顧問料

など様々な項目があって、
この中で税理士が専門としているのは法人税だけです。

なので、それ以外の方法はあまり知らない人が多い。

儲かっていて、いっぱい税金を払ってる方ほど
ちょっとした工夫で、
手取りが大幅に増えることがあるので、
ある程度の勉強と情報収集はした方がいいです。

個人的にこれは絶対メリットが多いので、やった方がいい!
と思ってるのは、ふるさと納税と確定拠出年金です。

どっちも面倒そうに感じてやらない人が多いんですが、
もったいないです。

リスクはほとんどなくて、メリットはかなり大きい制度です。
興味がある人はぜひ調べてみましょう。

それでは、今日はこの辺で。

ありがとうございました!

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/06/53d8ef3efebc8ae129e190f5c8fc61da_s.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/06/53d8ef3efebc8ae129e190f5c8fc61da_s-150x150.jpgkatagiri-blogその他記事一覧先日節税セミナーに行ってきました。 内容が良くて知らない話もあったので、 今日はいくつかシェアしたいと思います。   1 国の制度で年間80万の法人税を節税 これは経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)の話です。 僕も入ってますが、最大で年間240万まで加入することが出来て、 40か月以上の加入があると、いつでも100%戻ってきます。 そして払ったお金は全額経費に出来ます。 上手く活用すると非常にお得な制度なので 利益が出ている法人の方はぜひ加入しておくといいです。 詳細 http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html 2 従業員の親を雇ってロレックスをもらう制度 助成金の話です。 高齢者を雇うと助成金が貰えるらしく、 アルバイトとしての雇用でも40万が貰えるようです。 個人的に助成金は興味が無いので、 僕はやってませんが、無料セミナーも多いので、 興味がある人は問い合わせてみましょう。 http://www.josei-kin.net/ 3 役員報酬は毎月同額だと損する 例えば年収1200万、月額100万に設定してる人は、 月額10万、賞与1080万、年収1200万にする方がお得という話です。 事前確定届出給与という制度を使った方法です。 この形にすると、 社会保険が大幅に安くなるようです。 月額100万、年収1200万の人は社会保険だけで合計240万程度を払ってるそうです。 (法人と個人両方払う金額の合計) これを賞与で多く払う形に変えると、 社会保険には上限があるため、大幅に支払額が安くなって 半額近くになるようです。 僕はこのやり方を知りませんでしたが、 興味があるので検討しています。 それにしても社会保険は高いですね。 税金と同じようなモノですが、中々意識が向かないところです。 4 自己資本にみなせる借入金がある 資本性ローン(劣後ローン)の話です。 借入金なのに、銀行からすると自己資本のようにみられるお金ということです。 日本政策金融公庫が貸してくれます。 僕は借り入れに興味が無いのですが、 ちょっとした裏技ですね。 詳細 https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/shihonrtg.html 5 ふるさと納税は超お得 みんな大好き、ふるさと納税です。 やらない方が損と言えるお得な制度です。 年収の高い人ほどお得度が上がるのですが、 年収300万以上ある方は、全員やった方がいいです。 やり方も簡単になっていて、 確定申告が不要になりました。 ここからいくらお得になるかのシミュレーションが出来ます。 http://www.satofull.jp/static/calculation01.php やってない人は一度やってみるといいですよ。 お米やお肉など、地域の特産品が多いんですが、 僕はモンベルのギフト券をもらうことが多いです。 https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/20486/153605 モンベルはオンラインショップがあって、 品数が非常に豊富なので、迷ったら選んでおいてもいいんじゃないかと思います。 あと、印象に残ったというか、納得した点ですが、 節税というと、何でも税理士に確認する人が多いんですが、 税理士って結構節税に弱いんですよね。 正確に言うと、 節税には、 ・法人税 ・所得税、住民税 ・相続税 ・社会保険 ・金利 ・生命保険 ・顧問料 など様々な項目があって、 この中で税理士が専門としているのは法人税だけです。 なので、それ以外の方法はあまり知らない人が多い。 儲かっていて、いっぱい税金を払ってる方ほど ちょっとした工夫で、 手取りが大幅に増えることがあるので、 ある程度の勉強と情報収集はした方がいいです。 個人的にこれは絶対メリットが多いので、やった方がいい! と思ってるのは、ふるさと納税と確定拠出年金です。 どっちも面倒そうに感じてやらない人が多いんですが、 もったいないです。 リスクはほとんどなくて、メリットはかなり大きい制度です。 興味がある人はぜひ調べてみましょう。 それでは、今日はこの辺で。 ありがとうございました!- 輸入・物販解説ブログ -