無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。

 

今日は法人化の話しです。

どのくらいのレベルで法人化すればいいのか、
法人化のメリットとデメリットは何かについて僕の考えをお伝えします。

法人化する理由は大抵3つに絞られます。

1 税金が安くなる。

2 見栄(社長になれる)

3 信用、信頼(信用や審査が必要な販路に出店出来る)

払う税金が安くなるかどうかを重要視する場合は、
年間利益が600-1000万で法人化すると、
税金が安くなると言われます。

年間利益が1000万ある人は法人化した方がお得です。
600万位だと個人の方がいいと僕は思います。

800万くらいが迷うところですが、
物販で飯を食っていく!と決めてる人は、
法人化しちゃっていいんじゃないでしょうか。

法人化すると消費税の支払いを2年間しなくてよくなります。

個人でも2年の免税期間があるので、
合計して最大4年間免税が出来ます。

一般的には税金の中で消費税の負担がかなり重くなるので、
これはかなり大きく響きます。

2年間個人でやって、
利益が800万を超えていれば、
法人化した方がお得になることが多いと思います。

もちろんデメリットもあります。

まず税務に関する業務がかなり複雑になるので、
税理士に依頼をする必要が出てきます。

これが結構高くて年額で40-50万程度かかります。

個人の時にはかからなかった税金で赤字の時でも
毎年7万円の法人税が発生するので、
あわせて50-60万はかかるようになります。

また、かなり悩むであろうポイントが社会保険です。
社会保険は本来強制加入なのですが、
現実には加入しない事もできるようです。

サラリーマンが給与明細を見ると、
保険と年金額が高いなーと感じるはずですが、
労使折半でその金額です。

半分は会社が払ってるわけですが、
自分が経営者だと全額自分が払ってるのと変わりません。

合計するとかなり高いので、
個人の時に比べて、実質的に大きく負担が増えます。

個人的には
今後規制は厳しくなる一方だと思うので、
社会保険は入るべきだと考えています。

法人化してからやっぱり個人に戻します、
というのは難しいと思うので、
利益が安定的に1000万を超える見込みがあるなら、
法人化した方がいいと思いますが、

年度によってかなりばらつきがあるようだと、
個人のままの方がいい気がします。

法人化すると手続きなど、
面倒な仕事は増えますし、税務調査が入る確率も上がります。

さて、
税金以外で法人化する目的は、
「見栄」と「信頼」です。

見栄というのはあまり多くないと思いますが、
社長の名刺が持てようになります。

ちょっと気分が良くなるかも・・・?

信用、信頼はなにげに大事で、
例えば、卸の会社と取引をしようと考えたときに、
個人だと相手にしてくれないことがあります。

もし、有望な取引先があって、
そこが法人しか受け付けてくれない場合は、
法人化を検討していいと思います。

と言うわけでまとめると、、、

・年間利益が600万以下は法人化しない方がお得

・個人事業主で2年たっていない人は、よっぽど利益が多くない限り個人がお得

・年間利益が1000万を超えていて、個人事業主で2年以上やってる人は法人化がお得

・見栄や信頼が必要、大事にしている場合はお金に関係なく法人化もアリ

参考になれば幸いです。

では、また☆

 

無料メルマガ登録でプレゼントと最新情報を受け取れます。
詳しくはこちら

関連記事

https://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/06/3c37af3d77d928de9d5dc325f49fcf9a_s.jpghttps://rkbz123.com/wp-content/uploads/2017/06/3c37af3d77d928de9d5dc325f49fcf9a_s-150x150.jpgkatagiri-blog記事一覧輸入ビジネス全般今日は法人化の話しです。 どのくらいのレベルで法人化すればいいのか、 法人化のメリットとデメリットは何かについて僕の考えをお伝えします。 法人化する理由は大抵3つに絞られます。 1 税金が安くなる。 2 見栄(社長になれる) 3 信用、信頼(信用や審査が必要な販路に出店出来る) 払う税金が安くなるかどうかを重要視する場合は、 年間利益が600-1000万で法人化すると、 税金が安くなると言われます。 年間利益が1000万ある人は法人化した方がお得です。 600万位だと個人の方がいいと僕は思います。 800万くらいが迷うところですが、 物販で飯を食っていく!と決めてる人は、 法人化しちゃっていいんじゃないでしょうか。 法人化すると消費税の支払いを2年間しなくてよくなります。 個人でも2年の免税期間があるので、 合計して最大4年間免税が出来ます。 一般的には税金の中で消費税の負担がかなり重くなるので、 これはかなり大きく響きます。 2年間個人でやって、 利益が800万を超えていれば、 法人化した方がお得になることが多いと思います。 もちろんデメリットもあります。 まず税務に関する業務がかなり複雑になるので、 税理士に依頼をする必要が出てきます。 これが結構高くて年額で40-50万程度かかります。 個人の時にはかからなかった税金で赤字の時でも 毎年7万円の法人税が発生するので、 あわせて50-60万はかかるようになります。 また、かなり悩むであろうポイントが社会保険です。 社会保険は本来強制加入なのですが、 現実には加入しない事もできるようです。 サラリーマンが給与明細を見ると、 保険と年金額が高いなーと感じるはずですが、 労使折半でその金額です。 半分は会社が払ってるわけですが、 自分が経営者だと全額自分が払ってるのと変わりません。 合計するとかなり高いので、 個人の時に比べて、実質的に大きく負担が増えます。 個人的には 今後規制は厳しくなる一方だと思うので、 社会保険は入るべきだと考えています。 法人化してからやっぱり個人に戻します、 というのは難しいと思うので、 利益が安定的に1000万を超える見込みがあるなら、 法人化した方がいいと思いますが、 年度によってかなりばらつきがあるようだと、 個人のままの方がいい気がします。 法人化すると手続きなど、 面倒な仕事は増えますし、税務調査が入る確率も上がります。 さて、 税金以外で法人化する目的は、 「見栄」と「信頼」です。 見栄というのはあまり多くないと思いますが、 社長の名刺が持てようになります。 ちょっと気分が良くなるかも・・・? 信用、信頼はなにげに大事で、 例えば、卸の会社と取引をしようと考えたときに、 個人だと相手にしてくれないことがあります。 もし、有望な取引先があって、 そこが法人しか受け付けてくれない場合は、 法人化を検討していいと思います。 と言うわけでまとめると、、、 ・年間利益が600万以下は法人化しない方がお得 ・個人事業主で2年たっていない人は、よっぽど利益が多くない限り個人がお得 ・年間利益が1000万を超えていて、個人事業主で2年以上やってる人は法人化がお得 ・見栄や信頼が必要、大事にしている場合はお金に関係なく法人化もアリ ...- 輸入・物販解説ブログ -